アナウンスルーム

現在位置 アナウンスルーム トップページ > Q&A    

Q&A

視聴者の皆様から寄せられたご質問にお答えします。

Q アナウンサーには「早口ことば」ができないとなれませんか。 答えはA
A

「早口ことば」ができることは、アナウンサーにとって不可欠の条件ではありません。アナウンサーは、ことばで分かりやすく情報を伝えるのが役目です。言い間違えたり、言いよどんだりせず、視聴者のみなさんに聴き取りやすくお伝えする仕事です。外国人の名前や地名のような発音が難しいことばも、一度で分かるようにアナウンスしなければなりません。そのための訓練のひとつとして「早口ことば」があります。でも、「早口ことば」自体が放送の目的ではありませんし、アナウンサーの仕事でもありません。ですから、早口ことばができないとアナウンサーになれないということはありませんが、アナウンサーには、一般の人には難しくて発音できないような早口ことばができる人が多いといえるでしょう。

Q アナウンサーになるには、小学生や中学生のときにどんなことをすればいいのでしょうか。 答えはA
A

文字を正しく読めるようにすること。自分のことばで、元気よく自分の考えを述べたり、物事を説明したりすることができるようにすることが大切です。また、中学生になったら、初対面のおとなの人ともきちんとしたことば遣いで話ができるようにしておきたいですね。もうひとつ大事なのは「好奇心」です。知らないことや知らない人に関心を持つようにすることです。身近なできごとだけでなく、世の中の様々なできごとにも目を向けて、興味がわいたら詳しく調べてみるという体験もきっと将来役に立つでしょう。日頃から「なぜ?」と考える力を養っておくと、さらにアナウンサーが身近なものになるでしょう。

Q アナウンサーの「声」の質と担当番組の間には何か関係がありますか。 答えはA
A

アナウンサーの担当番組は声だけで決められるものではありませんが、全く無関係というわけでもありません。アナウンサーは採用時に適性をチェックされ、ニュースからスポーツ実況まで、さまざまな番組にも対応できるようトレーニングを受けています。しかし一人一人声質と語り口は違います。例えば、明るい暗い、軽い重い、早い遅い、薄い厚い、高い低い、温かい冷たい、軟らかい硬いなどさまざまです。担当番組を決めるにあたっては、番組のテーマや分野、役割などによって、誰がより相応しいかを、番組を担当する部局とアナウンス室の上司が総合的に判断して決定しています。

Q アナウンサーの苦労や楽しさは何ですか。 答えはA
A

事実を正確に伝えるために知っておかなければならないことは沢山あります。スポーツ放送なら、それぞれの種目のルールをはじめ、競技団体、歴史や過去の記録、関係の人物などいろいろあります。天気予報も放送に欠かせない情報ですが、雨、風、雲などに関する気象用語や地理、地形など、様々なことを知っておかなければなりません。さらに、ニュースはあらゆる世の中の動きをとりあげますから、法律、制度、経済、文化、歴史、地理などなど知っておかなければならないことばかりです。そのうえ、外国の出来事も日常的にとりあげますから知っておくべきことは限りがありません。これらの知識を身に着けるための勉強は、苦労といえば苦労ですが、勉強や放送の過程で、それぞれの分野の一流の人物など著名な人々との出会いは、アナウンサーならではの楽しいことのひとつでもあります。また、感動的な瞬間や歴史的な出来事に立ち会えたりすることや、放送で取り上げた結果、問題が解決したなどという反響をいただいたりすることも、大きなやりがいと感じているアナウンサーが多いでしょう。

Q アナウンサーが話す時に注意することは何ですか。 答えはA
A

アナウンサーは共通語で話すことを原則にしていますが、その際、常に聞き手のことを考えて、「分かりやすく話す」ということを第一に考えています。全国で放送を聴いてくださっている視聴者はさまざまです。年齢、専門分野、関心度、知識など、同じ人はいないといってよいでしょう。その違っている視聴者のみなさんに一方通行で情報を伝えるために、次の3つのことを意識しています。①「誰にも分かるように」②「すぐに分かるように」③「はっきり分かるように」です。少し噛み砕いて言うと、①難しいことばはできるだけ易しいことばに言い替える。専門語には、説明を加えたり、「判明」「示唆」のような堅苦しい漢語は、「分かる」「ほのめかす」のような耳にやさしい和語に言い替えたりします。②音声のことばはすぐに消えて無くなってしまいますから、一度で分かるように明瞭な発音や聴き取りやすいスピードに注意しています。③話す順序を考えて、できるだけ短く簡潔な文で話すことも、はっきり分かっていただくために重要なことだと考えています。

Q 放送で、外来語いわゆる「カタカナことば」を使いすぎているのではないでしょうか 答えはA
A

外来語の使用については、本来の日本語に相当することばがある場合は、なるべく在来のことばを使うようにしていますが、現在の日本語は全体に外来語への依存度(使用率)が高まっています。地球規模で情報がやり取りされるようになり、新しい技術から新しい製品が生まれたり、これまでになかった概念を表現する新しいことばが生まれたりして、身の周りにあふれるようになりました。一切使わないようにすることは難しくなっています。
外来語には、よい面として、「今までにない事物を表すことができる」「新しい感覚を盛り込むことができる」「旧来のものと違う区別ができる」などがありますが、一方で「音だけでは元の意味が推測できない」「在来のことばとどのように違うかわかりにくい」「意味があいまいになる」「わかりにくい」「音が長くなり発音しにくい」などの欠点があります。
そこで、放送では、在来の日本語がある場合には、できるだけ外国語や外来語を使わない。わかりにくい外国語を使う場合には、必ず言い添えや説明を工夫することを原則にしています。

Q アナウンサーとキャスターの違いは何ですか。 答えはA
A

アナウンサーは職種、キャスターは番組の中での役割の呼び名です。ニュースキャスターは、一般的には、ニュース番組の総合司会者、束ね役、仕切り役、またはニュースを伝えながら解説する人を指しますが、キャスターという言葉にはっきりした定義はなく、アメリカではアンカーとも言います。ニュースキャスターにはアナウンサーだけでなく、記者が担当する場合もありますし、局外の人(ジャーナリストやタレントなど)を起用することもあります。

Q NHKには何人のアナウンサーがいるのですか?そのうち女性アナウンサーは何人いるのでしょうか。 答えはA
A

NHKのアナウンサーは全国54の放送局に男女合わせて500人ほどいて、各地域のニュースや番組に出演している他、取材や企画・番組制作などを担当しています。そのうち女性アナウンサーは80人余りです。各アナウンサーについては、このホームページで紹介していますので、ご覧ください。

Q 全国各地にあるNHKの放送局で、どんなアナウンサーがどんな番組を担当しているのか教えてください。 答えはA
A

各地のNHKの放送局では、所属しているアナウンサーの情報や、それぞれの地域で制作している地域放送などの情報をホームページに載せています。詳しいことは、各地の放送局ホームページ(PCサイト)をご覧ください。

Q 放送で使う言葉は、どのように決めているのですか。 答えはA
A

放送で使うことばは、分かりやすさが基本であり、共通語をつかうことが原則と決めています。放送で使うことばの発音・表記・語の選び方・使い分けなどについては、外部の学識経験者にも加わっていただいている「放送用語委員会」で審議・検討し、放送での扱い方を決めています。 その結果については、かなづかいや漢字など表記については、『NHK漢字表記辞典』、ことばづかいや意味の違いについては『NHKことばのハンドブック第2版』、気象災害用語は『NHK気象・災害ハンドブック』、アクセントについては『日本語発音アクセント辞典新版』(いずれもNHK出版刊)などの辞典に反映されていています。さらに、実際に、ニュースや番組の文章・ことばづかいについても、「放送用語委員会」で定期的に検討しています。
※NHK放送用語委員会は、昭和9年1月「標準語の確立と放送による普及」という社会的要請にこたえ,NHKが国語問題についての学識経験者に委員を委嘱して設立したNHKでも最も長い歴史のある委員会です。
放送用語委員会について詳しいことは、NHK放送文化研究所のホームページをご覧ください。
http://www.nhk.or.jp/bunken/

Q 最近「読んで伝えること」「朗読」に興味があり、NHKで参考になるような番組があれば教えてください。 答えはA
A

ラジオ第1放送で、毎週土曜日の午前8:05~8:45「ラジオ文芸館」という朗読の番組を放送しています。放送予定と詳しい内容はこのホームページでもご案内していますのでご覧ください。また、ラジオ第2放送・毎週土曜 午後9:30~9:45の「ことば力アップ」でも、朗読やスピーチ、プレゼンテーションなど、教育現場やビジネスの世界でも役立つ「言葉に関するノウハウ」を、アナウンサーが分り易くお伝えしています。

Q 私は、将来アナウンサーになりたいと思っています。NHKには、アナウンサーになるための勉強をできるところがありますか。 答えはA
A

東京・世田谷区にある一般財団法人「NHK放送研修センター日本語センター」では、経験豊かなアナウンサーが、将来アナウンサーになりたいという大学生などを対象に「最新アナウンスカレッジ」などの各種セミナーやスクールを開いています。また、地方に住んでいる方には、「アナウンスの基本」「話しことばトレーニング」「朗読」などの通信添削による指導も行っています。詳細は下記のホームページをご覧ください。
NHK放送研修センター日本語センター http://www.nhk-cti.jp/service/jschool.html
(NHKサイトを離れます)(PCサイト)