真城最高 Masahiro Moritaka

声/大倉孝二

夢に懸け、現実を知り、限界に挑みながら成長していく、「バクマン。」の登場人物たちを紹介。

CHARACTER あだ名は「サイコー」。マンガを描くのが大好きで、叔父・川口たろうと同じプロのマンガ家になることを夢見ていたが、その叔父が3年前に死んだ後、夢を捨てていた。秋人と出会い、同じクラスの亜豆美保に結婚を申し込んだことをきっかけに、ふたたびマンガへの情熱を燃やすようになり、ついに高校生にしてプロのマンガ家・亜城木夢叶として「週刊少年ジャック」での連載を勝ちとった。両親と祖父の4人家族。

真城最高 Masahiro Moritaka

声/大倉孝二

夢に懸け、現実を知り、限界に挑みながら成長していく、「バクマン。」の登場人物たちを紹介。

CHARACTER あだ名は「サイコー」。マンガを描くのが大好きで、叔父・川口たろうと同じプロのマンガ家になることを夢見ていたが、その叔父が3年前に死んだ後、夢を捨てていた。秋人と出会い、同じクラスの亜豆美保に結婚を申し込んだことをきっかけに、ふたたびマンガへの情熱を燃やすようになり、ついに高校生にしてプロのマンガ家・亜城木夢叶として「週刊少年ジャック」での連載を勝ちとった。両親と祖父の4人家族。

亜豆美保 Azuki Miho

夢に懸け、現実を知り、限界に挑みながら成長していく、「バクマン。」の登場人物たちを紹介。

CHARACTER 最高の元クラスメイトで、最高がひそかに想い続けていた美少女。声優になりたいという夢を持ち、自宅を訪ねてきた最高の「夢が実現したら結婚してほしい」という申し出に、すぐにOKしたものの、それまではメールだけで励まし合おう、というちょっと不思議な条件を付けた。現在は新人声優として活躍中。両親と妹の4人家族。

見吉香耶 Miyoshi Kaya

夢に懸け、現実を知り、 限界に挑みながら成長していく、 「バクマン。」の登場人物たちを紹介。

CHARACTER 亜豆の親友で、運動全般を得意とする活発な少女。以前より好意を抱いていた秋人から亜豆の情報を聞かれたことがきっかけとなり、秋人と付き合いながら二人のマンガ家生活を身近でサポートし続けてきた。亜豆と最高の夢の実現を、誰よりも深く願っている。

新妻エイジ Niizuma Eiji

声/大倉孝二

夢に懸け、現実を知り、限界に挑みながら成長していく、「バクマン。」の登場人物たちを紹介。

CHARACTER 天才マンガ家、と言われる少年。青森県出身。幼いころからマンガを描くことだけを楽しみとして生きてきた。投稿してきた作品すべてが飛び抜けて優れていると評価され、高校生で上京・プロデビューを果たす。その作品は常に高い人気をキープし続けており、最高・秋人にとって最大のライバルだが、エイジ自身もほぼ同時期にデビューした亜城木夢叶を尊敬しつつ、注目している。

服部 哲 Hattori Akira

声/大倉孝二

夢に懸け、現実を知り、限界に挑みながら成長していく、「バクマン。」の登場人物たちを紹介。

CHARACTER マンガ誌「週刊少年ジャック」の編集部員。最高と秋人から原稿持ち込みの電話を受けたことで、2人の担当になる。いずれ「新妻エイジを超えるマンガ家になる」と、最高と秋人の才能を高く買っている。「ははは」という笑い方がクセ。

佐々木編集長 Editor in Chief Sasaki

声/大倉孝二

夢に懸け、現実を知り、限界に挑みながら成長していく、「バクマン。」の登場人物たちを紹介。

CHARACTER 週刊少年ジャック』の編集長。副編集長時代に川口たろうに戦力外通告を行ったこともあり、最高と秋人に「マンガは面白ければいい。面白いものは連載される」という川口たろうの言葉を伝える。

服部雄二郎 Hattori Yujiro

夢に懸け、現実を知り、限界に挑みながら成長していく、「バクマン。」の登場人物たちを紹介。

CHARACTER 新妻エイジと福田真太を担当する『週刊少年ジャック』の編集者。
天才・新妻エイジ作品の大ヒットにより出世を目指す、意外と野心家の一面も…。

福田真太 Fukuda Shinta

夢に懸け、現実を知り、限界に挑みながら成長していく、「バクマン。」の登場人物たちを紹介。

CHARACTER 一見軽い外見だが、実はマンガ家を目指して単身上京してきた義理人情に厚い熱血漢。少年マンガへの愛から、そしてマンガ家仲間「福田組」の組長として、時には編集部とぶつかり、熱い意見を戦わせることも。手塚賞に二度入賞、増刊に読み切り掲載の経験もある実力者。

中井巧朗 Nakai Takuro

夢に懸け、現実を知り、限界に挑みながら成長していく、「バクマン。」の登場人物たちを紹介。

CHARACTER 長年アシスタントを続けつつ連載を夢見ていきた「新人」マンガ家。
複雑な背景でも素早く確実に仕上げるテクニックは、天才・新妻エイジも一目を置くほど。最高らの若さに戸惑いながらも大きな刺激を受け、蒼樹紅とのコンビで「少年ジャック」連載を狙う。

蒼樹 紅 Aoki Ko

夢に懸け、現実を知り、限界に挑みながら成長していく、「バクマン。」の登場人物たちを紹介。

CHARACTER 現役大学生のマンガ家。少女マンガ誌に読み切りを掲載した経験を持つ。『週刊少年ジャック』でストーリーキング・ネーム部門の準キングを受賞した後、絵を描く中井と組んで金未来杯にエントリーすることに。自分の作品に自信を持っている一方、最高・秋人や福田の作品は「少年誌向きではない」と批判的だったが…。

相田聡一 Aida Soichi

夢に懸け、現実を知り、限界に挑みながら成長していく、「バクマン。」の登場人物たちを紹介。

CHARACTER マンガを見る目が厳しく、辛口の評価を下すことも多い「週刊少年ジャック」編集部の班長(キャップ)。亜城木夢叶の作品は高い評価を与えており、連載会議では力強くフォロー。蒼樹と中井のコンビを担当。班員は服部哲や港浦、キムら。

吉田幸司 Yoshida Koji

夢に懸け、現実を知り、限界に挑みながら成長していく、「バクマン。」の登場人物たちを紹介。

CHARACTER 常に冷静な言動・鋭い指摘でマンガへので編集部でも一目置かれている班長(キャップ)。マンガを見る目は確かで、平丸一也の才能を見抜き、マンガの世界へと引っ張り込んだ。

平丸一也 Hiramaru Kazuya

夢に懸け、現実を知り、限界に挑みながら成長していく、「バクマン。」の登場人物たちを紹介。

CHARACTER マンガとは無縁の人生を送っていたが、通勤電車の網棚にあった「ジャック」を読んだその日に退社を決意、独力で連載までこぎつけた「もう一人の天才」。だが「働きたくない」とマンガ家になったことを後悔し、スキあらば休載を狙うも担当編集・吉田に阻止されている。

港浦吾郎 Miura Goro

夢に懸け、現実を知り、限界に挑みながら成長していく、「バクマン。」の登場人物たちを紹介。

CHARACTER ジャック編集部に配属されて二年目で、服部に代わって亜城木夢叶を担当。ギャグマンガを愛し、「超ヒーロー伝説」を愛読していたこともあって最高たちを熱くサポートするも、経験不足から空回りすることも多い。

岩瀬愛子 Iwase Aiko

夢に懸け、現実を知り、限界に挑みながら成長していく、「バクマン。」の登場人物たちを紹介。

CHARACTER 最高たちと同級生の秀才少女。秋人を好きだったが、進学先のランクを下げてまでマンガ家を目指す秋人を理解できず、決別。大学受験と平行して執筆した作品で新人賞を受賞し、小説家デビューを飾る。秋人との再開をきっかけにマンガ原作者の道へ。