キャラクター

マッティス山賊

ローニャ CV:白石晴香

雷鳴とどろく嵐の夜に生まれた、山賊マッティスの一人娘。父親譲りの明るさと無鉄砲さをもつ少女。気が短く向こう見ずではあるが、愛情深く、素直な心の持ち主。母や山賊たちを愛し、森を愛し、徐々に森で生きていくすべを身に着けていく。はじめはビルクを嫌っていたが、やがて気になる存在となる。

マッティス CV:関 貴昭

ローニャの父親で12人の山賊の頭。先祖代々山賊を生業とし、誇りをもっている。直情的で思慮深さに欠けるところはあるが、根は気のいい男。ローニャを溺愛している。

ロヴィス CV:野沢由香里

マッティスの妻であり、ローニャの母親。愛情深く、大らかで肝が据わっている。一人で家を切り盛りし、必要とあらばマッティスや山賊たちをも厳しく叱咤する。

スカッレ・ペール CV:佐々木梅治

マッティス山賊の長老。マッティスが生まれたときから彼を見守ってきた、親代わりの存在。口が悪く、周囲をからかって楽しんでばかりいて、人の話は聞かないが、いざというときは頼りになる。

フョーソク CV:赤星昇一郎

ペールの次に年長で、マッティスの片腕的存在。いつも冷静で落ち着いていて、陰で山賊を支えているベテラン。

チェッゲ CV:西 凜太朗

いつもクールな二枚目キャラ。フョーソクに次ぐ中堅的な存在。

チョルム CV:小川剛生

おしゃべりでウンチク好きな中堅の山賊。気位が高いが他人からのツッコミには弱い。

ストゥルカス CV:杉村憲司

せっかちで俊足なマッティス山賊の特攻隊長。ケガも多いが気のいい男。

クノータス CV:島田岳洋

態度も体格もおおきい怪力系の山賊。だが実は気が小さい。雪メガネは常に外さない。

ペリェ CV:手塚祐介

一番の若手だが、空気を読まずに人のいやなことを平気で言ったりするマイペースな山賊。みんなのいじられ役。植物を愛している。

リル・クリッペン CV:姫野惠二

口がうまい若手のお調子者で、しきり屋。マッティス山賊の中で一番小柄でやせているが、戦いの最中でも物怖じしない弓の名手。

ユティス

常に兜をかぶっている無口で人見知りの山賊だが、実はやり手の剣士。

ヨエン

無口な太鼓の奏者。マッティス山賊ではベテランだが謎も多く、ずっと同じペースで酒を飲み続けている。

ラッバス

剣士で無口のギタリスト。運動神経が良く、手先が器用。メガネはぜったいに外さず、誰も彼の目を見たことがない。

トゥッレ

無口でお調子者な笛の奏者。酒好きだが気の弱いところがある。

ボルカ山賊

ビルク CV:宇山玲加

ローニャと同じ日に生まれた、山賊ボルカの一人息子。ローニャと反対にちょっと神経質で思慮深いが、その分現実的でややシニカルな面もある。明るく、あけっぴろげなローニャに惹かれていく。

ボルカ CV:谷 昌樹

ビルクの父親で山賊の頭。マッティスの幼なじみでありライバル。性格はマッティスと似たり寄ったりだが、苦労性で見かけによらず思慮深いところもある。

ウンディス CV:土井美加

ビルクの母親でボルカの妻。心配性でボルカたちにはいつも小うるさくしてしまうが、ビルクのことは溺愛している。

森のいきもの

鳥女 CV:加藤沙織

美しい女の顔をもつ妖鳥。気が荒く、人間をみると、捕まえて引き裂こうとする。

灰色小人

森の岩や苔の間に群れを成して棲む小人。臆病そうに見えて、時には人を襲う。

ずんぐり小人

地面の下に穴を掘り、家族で棲んでいる小人。たいていの場合親切でおとなしく、ひどいことは何もしない。

暗がりトロル

月の輝く夜だけ、群れで集って踊る森の生き物。