ツバサ・クロニクル トップへ
おたより DVD・CDなど ツバサ・クロニクルFAQ
あらすじ スタッフ&キャスト 次回予告&放送予定 これまでのストーリーキャラクター
これまでのストーリー
第1シリーズ 第1話〜第10話第11話〜第20話第21話〜第26話
第2シリーズ 第1話〜第10話第11話〜第20話第21話〜第26話
第21話  「はたらくサクラ」
2006年9月30日(土)
今度の世界は、近代的な都市「ラグタイムワールド」。小狼たちは、ダウンタウンの宝石店のショウウィンドウに、サクラの羽根をあしらったブローチが飾られているのを発見する。だが、お金を持っていない一行は、ブローチを買うことができない。宝石店の店主、織葉が「3日間は売らないでおくわ」と約束してくれたため、一行は仕事を探しはじめる。サクラも「おしごと紹介センター」で仕事を紹介してもらい、ウェイトレスや運転手として働こうとするのだが・・・。
第21話
「はたらくサクラ」
WM56K
WM300K
 
 
▲ ページトップへ
第22話  「羽王カオス」
2006年10月7日(土)
ラグタイムワールドを後にした小狼たち一行が転送された先は・・・どこかの国の空の上。そのまま落ちてあわや、という瞬間、何かの力で一行はふわりと浮いた。その国の名は「タオ」。国全体を「僊力(センリキ)」という力が包んでいて、その国にいる人は僊力を使うことができるという。タオの国の首都・崑崙で、モコナは羽根の波動をキャッチ。どうやら羽根は、カオスという名の王が暮らす城にあるらしい。一行はさっそく城に向かい、羽王カオスと対面する。
第22話
「羽王カオス」
WM56K
WM300K
 
 
▲ ページトップへ
第23話  「歪んだネガイ」
2006年10月14日(土)
羽王カオスからもらった羽根によってよみがえったサクラの記憶。それは、幼いころにカオスと出会い、将来いっしょに旅をしようと約束した記憶だった。カオスはサクラに、その約束を今こそ果たそうと迫る。一方、怪鳥・玄鶴(げんかく)の翼がサクラの羽根でできていると教えられた小狼は、黒鋼、ファイとともに玄鶴の住む豪莱山(ごうらいさん)へ向かう。山中で三人は離れ離れになり、小狼は星史郎と、黒鋼は父と、ファイはアシュラ王と、それぞれ対峙する。
第23話
「歪んだネガイ」
WM56K
WM300K
 
 
▲ ページトップへ
第24話  「決意のナカマ」
2006年10月21日(土)
羽王カオスと戦い、その強大な力の前に敗れ去った黒鋼とファイ。ひとり残った小狼は緋炎を手にして必死に戦うが、ついに力尽き、倒れてしまう。三人との戦いに勝利したカオスは、ふたたびサクラを旅へと誘う。しかし、サクラがそれを拒否したため、彼女を自分の城に連れて行ってしまう。カオスとの圧倒的な力の差を見せつけられた小狼は動揺し、サクラをカオスの手に委ねようとする。
第24話
「決意のナカマ」
WM56K
WM300K
 
 
▲ ページトップへ
第25話  「凍てつくミタマ」
2006年10月28日(土)
ファイの助言によって迷いが晴れ、サクラを取り戻す決意を固めた小狼は、黒鋼の刀「蒼氷」を借りて、ふたたび剣の修行に励む。一方、ファイとモコナは羽王カオスの居城である崑崙城に忍び込み、サクラの居場所を探る。城内の騒動に乗じてファイとモコナはサクラの部屋にたどりつくが、そこにはカオスの姿があった。カオスは、ファイとモコナに「サクラを返して欲しければ明日の戦いで私に勝て」という、小狼あての伝言を託す。
第25話
「凍てつくミタマ」
WM56K
WM300K
 
 
▲ ページトップへ
第26話  「明日へのツバサ<終>」
2006年11月4日(土)
いま一度羽王カオスと対峙する小狼。片手に蒼氷、もう片方の手には桃矢と雪兎が鍛えなおした緋炎を持ち、二刀流でカオスに挑む。小狼の力を信じて見守る黒鋼、ファイ、モコナ。そして、サクラは・・・?!「ツバサ・クロニクル」最終章、クライマックス。
第26話
「明日へのツバサ<終>」
WM56K
WM300K
 
 
▲ ページトップへ
第1シリーズ 第1話〜第10話第11話〜第20話第21話〜第26話
第2シリーズ 第1話〜第10話第11話〜第20話第21話〜第26話
※右のバナーをクリックするとNHKを離れます。
NHKサイトを離れます(Windows Madia Playerのダウンロードサイトへ)
 
 
 
NHKオンラインへ © CLAMP・講談社/NHK・NEP
Copyright NHK (Japan Broadcasting Corporation),All rights reserved.無断転載・転用を禁じます。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKオンライン利用上のご注意