ストーリー

おばあちゃんがしんじゃった。
毎日泣いていた小学生の女の子「ひよりちゃん」のために、パパが作ってくれたおばあちゃん型ロボット「わしも」。

「わしも」が歩くと聞こえるカタカタカタというなつかしい音は、おばあちゃんと同じ入れ歯いればを使っているから。歩くスピードはカタツムリより速いけど、興奮こうふんしたカブトムシよりは遅い。でも、本当は新幹線しんかんせんより速く走れちゃう。

そんなヘンテコな性能せいのうの「わしも」がいろんな人と出会ったり、いろんな経験けいけんをしたり…。 「わしも」と「ひよりちゃん」のキュートで楽しい、ちょっとかわった日常にちじょうがはじまる!