純と愛

あらすじ
登場人物

連続テレビ小説一覧へ 連続テレビ小説一覧へ

写真
写真
写真
写真
写真
平成24年度後期(第87作)

純と愛

大阪生まれ、宮古島育ちの狩野純(夏菜)には夢があった。父・善行(武田鉄矢)が営む宮古島の実家、ホテル・サザンアイランドを継いで、亡くなったおじいが経営していたころのような「魔法の国」に再生したかったのだ。だが父と大げんかし、大阪に飛び出す。夢へと進み始めた純は、他者の本性が見えるという不思議な青年・待田愛(風間俊介)と出会う。

純は、大阪の一流ホテル「オオサキプラザホテル」に就職した。お客さんを喜ばせたい一心で働くが、客や上司らとトラブルが続く。そんな折、兄・正(速水もこみち)が女性と厄介ごとを起こし巻き込まれる。自分の無力さを感じる純を愛は励まし続ける。二人は交際を始め、互いに親から勘当されたことをきっかけに結婚を決意する。オオサキは創業60周年記念イベントを迎え、これを機に同僚たちの結束は深まるが、まもなく、ホテルは外資系ホテルに吸収合併が決まる。純は仲間と再生計画を練るが、実家のサザンアイランドが売却の危機と知り、オオサキを辞めて愛とともにホテル奪還に宮古島へと向かう。

宮古へ帰省すると、善行によりホテルは強制的に取り壊されて人手に渡ってしまう。家族はバラバラとなり、純と愛は大阪に戻る。失意から自暴自棄な生活を送っていた純だが、下町の小さなホテル「里や」のおかみ・サト(余貴美子)に助けられたことが縁となり、里やに再就職する。

里やを「魔法の国」にしたいと意気込む純だったが、従業員も宿泊客も何やらワケありの人物ばかりだった。そのころ、善行とともに大阪に移ってきた母・晴海(森下愛子)が認知症を発症。晴海から逃げ回っていた善行は、純の説得でようやく夫婦で生きていく決心をするが、誤って海に落ちた晴海を助けようとして溺れ、急死してしまう。一方、廃業の危機を脱した里やだったが、客の寝タバコが原因で焼失。ショックのあまり夢を追うことを忘れたかのような純に愛は業を煮やす。互いに意固地になり離婚の危機となるが、家族や里やの仲間に背中を押され仲直りする。そこへ里やの常連客から宮古島の別荘を提供され、純はそこでホテルを開業することにする。

譲り受けた別荘は廃虚同然だった。純と愛は自分たちで別荘の修繕をする。しかし、純は愛の「どんな魔法の国を作りたいのか」という問いに、答えられないでいた。開業の準備が進まない中、宮古島の晴海の知り合いたちが資金協力を申し出る。地元の人々の温かさを心から感じた純は、夫をもっと愛すればよかったと言う晴海を見て、愛への愛情が詰まったホテルを作ることを決意する。ホテルのオープンまであと数日となったある日、愛が突然倒れる。手術をしたもののこん睡状態が続く愛。純は、たとえ愛が目を覚まさなくてもこのホテルでひとつでも多くの笑顔を作っていくことを誓う。

作: 遊川和彦
音楽: 荻野清子
主題歌: HY「いちばん近くに」
出演: 夏菜/風間俊介/森下愛子/速水もこみち/城田優/石倉三郎/渡部秀/吉田羊/堀内正美/岡本玲/黒木華/高橋メアリージュン/映美くらら/朝倉あき/田中要次/若村麻由美/余貴美子/武田鉄矢/舘ひろし ほか
ページトップへ