スタッフブログ

「ゲゲゲの女房」は今!  追追伸その1

みなさん、こんにちは。プロデューサーのyaguchiです。

 

 

 

まず最初に、このたびの震災で被災された皆様に、心からのお見舞いを申し上げます。

 

被災地の復旧ができる限り早く進むこと、被災された皆様のご心配が一日も早く取り除かれることを切に願っております。

 

それとともに、放送を通じて少しでも被災された皆様の力になることができれば、と思っております。これからも微力を尽くすつもりです。

 

 

 

* * *

 

 

 

ご無沙汰しています・・・!

 

ひさしぶりの更新です。今日はこのところの近況などを記してみたいと思います。

 

この2か月ほど何をしていたかというと、少し先の放送のドラマの下準備をしつつ、いろいろなお芝居を観たり、震災関連の放送の手伝いなどをしたりしていました。以前と変わらず、元気にしています!

 

「ドキュメント、3月~4月」といった感じで、以下、だーっと書いていきますね。

 

震災が発生してNHKは非常時の体制となって、ぼくも3月から4月にかけて一週間ほど、NHK盛岡放送局に震災報道の応援要員として行ってきました。盛岡局のなかから生中継の現場との連絡を取り合ったりとか、そんな仕事をしていました。

 

同じころ、高知にいるMayo姫も東京まで震災放送の応援に来ていました。震災のあった日は高知にも津波警報が出ていたので、心配になって夜中にMayo姫に電話をしたのですが、元気な声が聞けてあの時はほっとしたっけ・・・。

 

技術スタッフのマエダ君もぼくと同じ時期に岩手県内に行ったりして、とにかくみんなでがんばっていました。「ゲゲゲの女房」のスタッフ一同で何かできることはないだろうか、とみんなで考え、NHKが実施している義援金にみんなで寄付をしたのもこのころです。

 

そして出演者の方々も、被災地に足を運ばれたり、お見舞いのメッセージを出されたり、それぞれに震災への取り組みをされていらっしゃいます。地震の起こった直後は、出演者や関係者のみなさんのことが心配で仕方がなく、電話することもできずにみんなのブログとかチェックしまくったりして・・・。(苦笑)

 

そんな中、3月16日、渋谷の劇場に三谷幸喜さんの新作「国民の映画」を観に行ってきました。風間杜夫さん、吉田羊さん(ロザンヌ化粧品の所長さん役)、小林隆さん(お見合いの仲人さん役)がご出演されていて、地震直後ということで上演にはさまざまな困難があったことと思いますが、お芝居の内容も、ご出演のみなさんも、本当にすばらしかったです。

 

終演後、風間さんに誘われて、楽屋で風間さん、小林さん、主演の小日向文世さん(以前、お仕事をご一緒したことがあります)たちと缶ビールでちょっとおしゃべり。話題はとにかく地震のことばかりで、しゃべっている間にも余震があったりして、「もうどうしたらいいんだ」とちょっと変なテンションでビールを飲むことになりました。おいしかったですけど(笑)。

 

その一日前の3月15日、NHK内のスタジオで震災関連放送の手伝い。偶然、アナウンサーの住吉美紀さんと一緒でした。住吉さんがNHKを退職される前に会えてよかったー。住吉さん、お疲れさまでした。お世話になりました。ぼくの中では、住吉さんは「ゲゲゲの女房」のたいせつなメンバーのひとりでした。またどこかでご一緒できますように♪

 

3月23日、選抜高校野球の開会式。入場行進は簡素化されたそうですが、「ありがとう」の行進曲バージョンはすばらしかった!!  聴いて思わず涙が出そうになりました。「『ありがとう』で行進できるのか?」みたいなことをブログに書いた自分の過去を、たいへん深く反省しております!(平謝り)

 

3月25日、シアターコクーンにて、井上ひさしさん作・栗山民也さん演出の「日本人のへそ」を鑑賞。これもいいお芝居でした。ご出演の笹本玲奈さんのマネージャーさんからのお誘いで、笹本さんがとても素敵でした。辻萬長さん(第21週「戦争と楽園」の三井軍曹役)もご出演だったので、楽屋でごあいさつ。辻さんは「イチキ監督にもよろしくお伝えください」とおっしゃられ、イチキちゃんにさっそく伝えさせていただきました! いきものがかりの事務所の社長さんともばったり会ったっけ。

 

盛岡から帰ってきて、4月8日、「スタジオパークからこんにちは」に生出演の瀧本美織さんを、マカロンの詰め合わせをもって訪問! 「てっぱん」、ほんとうにお疲れさまでした! のひとことが言いたくて・・・。紅白歌合戦いらい久しぶりに会えて、マカロンににっこりしてもらえて、嬉しかったです。

 

ぼくは「てっぱん」をとても楽しく観ていました。「てっぱん」の第1回が始まった朝、あのメインテーマを聴きながら、「ゲゲゲの女房」がもう放送されていないことの寂しさを感じつつも、それ以上に「新しいドラマが今日から始まったんだ・・・!」という感動が心にあふれたことを、つい昨日のことのように思い出します。

 

4月14日、明治座にて、有森也実さんがご出演の早乙女太一さんの公演を鑑賞。有森さんは存在感があって、すごくおきれいでした。地震のときは映画のロケ中だったとか。ご無事でほんとによかった。山崎銀之丞さんも出ていて、山崎さんにも楽屋でごあいさつ。それにしても、山崎さんの演技のパワーは相変わらず圧倒的!

 

4月15日、下北沢の本多劇場にて「桃天紅」というお芝居。黒川芽以さん、山内圭哉さんなど、以前にお仕事した方々が出ていて、とにかく楽しいお芝居でした。芽以ちゃんと朝倉えりかちゃんは仲良しらしくて、えりかちゃんもちがう日に観に行っていたそうです。

 

ニュースもひとつ! 「ゲゲゲの女房」の海外への販売活動も展開中なのですが、このたび、まず台湾のテレビ局での放送が決定しました! 5月3日からの放送です。台湾にお知り合いのいる方、宣伝よろしくお願いします!

 

これらのほかにもいろいろな舞台を観ていて、たまに講演とかもしたりしつつ、次の仕事にとりかかっていました。

 

それから、調布で予定していたイベントは残念ながら震災の影響で中止となってしまいました。ぼく自身も楽しみにしていたのですが、調布市のご判断ということで、やむをえないところです。

 

総集編のDVDも、震災の影響で発売日がずれました。でも思ったよりも早く発売にこぎつけることができて、よかったです! 特典もふくめて非常にすばらしいDVDになっているので、ぜひいちどお手にとってみてください。

 

そして、「ゲゲゲの女房」には関係のないことなのですが、ひとつ書いておきたいことがありまして・・・。

 

田中好子さんが、先日お亡くなりになりました。謹んでご冥福をお祈りいたします。

 

田中好子さんとは、ぼくは金曜時代劇「華岡青洲の妻」というドラマでお仕事をご一緒したことがあります。カツタさんも一緒でした。

 

気さくで明るくて、とても素敵な方で、田中さんとお仕事をご一緒できた幸せを、ぼくもカツタさんも撮影中いつも感じていました。楽しく一緒に食事をしたことなど、本当にいい思い出です。

 

田中さんのお通夜には、カツタさんはロケ中で無理だったので、ぼくひとりで行ってきました。生前のすてきな笑顔の遺影を拝見し、田中さんとの早すぎるお別れを悲しく思いました。

 

ご焼香のとき、田中さんの「Feel my love inside」という歌が静かに場内に流れて、ぼくは実は初めて聴いたのですが、それがとってもいい曲で・・・。田中さんの優しい笑顔を思い出しました。

 

田中さんとはもう一本、ぼくがまだプロデューサーではなかったころに、単発ドラマでご一緒したこともあります。ぼくはスタッフのひとりとして、撮影のスケジュール作成などを担当していました。「鳥帰る」というタイトルのドラマで、5月8日(日)の午後にNHK総合で再放送されることになったそうです。自分が関わったから言うわけではないですが、素晴らしいドラマですので、ぜひ多くのみなさんに田中さんを偲びつつごらんいただけると嬉しいです。

 

実は昨日の夜もカツタさんと、田中さんのことをちょっと話したりしました。ここ数日、田中さんのことを思って過ごすことが多いです。田中さんとのお仕事はぼくにとってかけがえのない思い出です。田中さん、本当にどうもありがとうございました。

 

(田中さんへのお悔やみを記したくて、今日のブログを書いたようなところがちょっとあるかもしれません)

 

さて、いまもいろいろなドラマの制作が進んでいて、向井さんも「江」の収録が始まったし! 松坂慶子さんの「マドンナ・ヴェルデ」も大好評で放送中! 南明奈ちゃんも難しい役をしっかりと演じていて、すばらしい! 馬渕さんも片桐さんも「マドンナ・ヴェルデ」にご出演!(『マドンナ・ヴェルデ』のゲゲゲ率、高くないですか)  「ゲゲゲの女房」の出演者のみなさんは、これからのNHKの新しいドラマにたくさんご出演になられるので(詳細はまだ言えない・・・)、ぜひチェックしてください!

 

というわけで、ぼくは元気にやっています!

 

さて、また更新することがあるかどうか・・・。なんともいえませんが、もしも何かお知らせなどがあって更新する場合は、どうぞよろしく、です♪

 

明日に向かって、歩いていきましょう。

 

それではまた!

投稿者:スタッフ | 投稿時間:19:29 | カテゴリ:ゲゲゲの女房

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ