ドラマトピックス

大河ドラマ「軍師官兵衛」新キャスト発表、第二弾!

kan_0816_logo.jpg

2014年(平成26年)放送の大河ドラマ「軍師官兵衛」、
官兵衛をとりまく新たなキャストが発表となりました。

 

―――― 黒田家 ――――

■主人公・黒田官兵衛/岡田准一
1546(天文15)年、生~1604(慶長9)年、没
播磨国(兵庫県)姫路城主の長男として生まれる。先祖は近江国(滋賀県)の武士出身で流浪の末に、祖父の代に姫路に辿り着いた。父・職隆(もとたか)は地元の豪族・小寺(こでら)氏に仕官し家老として重用されていた。22歳にして、結婚と同時に家督を継ぎ小寺家家老の座に着く。織田信長の将来性をいち早く見抜き、羽柴秀吉には弟同然と呼ばれるほどに信頼される。主君・小寺政職(まさもと)が織田家を裏切った際には、説得しようとして罠に落ち、1年以上、牢に幽閉される。出獄後は小寺家と縁を切り、秀吉の軍師となる。本能寺の変を真っ先に知り、「中国大返し」を実現、秀吉の天下取りを演出する。天下統一が近づく中、秀吉から「次の天下を狙う男」として警戒されていることを知るや44歳の若さで家督を息子・長政に譲り、あっさり隠居する。その後は、剃髪し如水(じょすい)と名乗るようになる。関ヶ原の戦いの際には、領地である豊前国(大分県)中津にあって、牢人兵を率い九州を席巻、最後の大勝負に出るが、長政の活躍で関ヶ原が半日で大勢が決し、天下取りは夢に終わる。戦の後は全ての恩賞を断り、長政に与えられた筑前国(福岡県)福岡で静かな余生を送り、59歳の生涯を閉じる。

[岡田准一 プロフィール]
1980年(昭和55年)、大阪府生まれ。1995年、V6のメンバーとしてデビュー。グループメンバーとして音楽活動、バラエティー番組などで活躍する一方で、俳優としてもテレビ、映画に活躍の場を広げる。「木更津キャッツアイ」シリーズや「タイガー&ドラゴン」「SP」シリーズなど数多くの連続ドラマや映画で主演を務め、演技力への評価は高い。最新作は映画「図書館戦争」。他に数多くの公開待機作が控える。NHKドラマは古代史ドラマスペシャル「大化改新」(2005)に主演して以来となる。

 

 

■初代福岡藩主となる嫡男・黒田長政(くろだながまさ)/松坂桃李(まつざかとおり)
kan_0807_cast01.jpg官兵衛の嫡男にして、一時期を除き、たった一人の実子でもあった。幼名は松寿丸。10歳の頃、父・官兵衛が仕える小寺家が織田方に帰順する証として人質となり、秀吉とおねのもとで育てられる。子どもの頃からわんぱくで、長じては勇将として名を馳せるが、時に猪突猛進ともいえるその勇猛ぶりは、智将・官兵衛の目には危なっかしいものと映る。息子に厳しい父と、父に認められたい息子の関係は、次第に屈折したものとなっていく。

◆大河ドラマ初出演

 

■黒田家の礎を築いた祖父・黒田重隆(くろだしげたか)/竜雷太(りゅうらいた)
kan_0807_cast02.jpg体面や因習にとらわれず、実利と人材を重んじることで黒田家の基礎を作った自由人。他国で生まれ育ち、諸国を流浪の後に播磨、そして姫路にたどりついた。一介の牢人の身から家伝の目薬を売って財を集め、それを元手に家臣を増やした。やがて土地の有力豪族・小寺政職(こでらまさもと)の目にとまり、息子・職隆(もとたか)、ひいては孫の官兵衛を仕官させることとなった。武士には珍しい柔軟で合理的な感覚と才知は、官兵衛に確実に受け継がれていく。

 

 

―――― 黒田家家臣 ――――

■知恵者の筆頭家老・栗山善助(くりやまぜんすけ)/濱田岳(はまだがく)
kan_0807_cast03.jpgのちに「黒田二十四騎」と呼ばれる精鋭家臣団の中でも筆頭に挙げられる知恵者。播磨国栗山村の農家の出だが、黒田家が才覚次第で家臣を取り立てるという噂を聞き、官兵衛を道で待ち伏せて仕官を願い出た。若い頃から知恵がまわって弁が立ち、先輩の母里武兵衛(もりぶへえ)に生意気を言っては叱られていた。だが初陣である「青山の戦い」で黒田家の宿敵・赤松家に武兵衛を討たれてからは、分別あるリーダーとして家臣団をまとめるようになっていく。

◆大河ドラマ初出演

 

■「黒田節」に謳われた猛者・母里太兵衛(もりたへえ)/速水(はやみ)もこみち
kan_0807_cast04.jpg「黒田二十四騎」の一人で、槍の名手。「酒は飲め飲め 飲むならば 日の本一のこの槍を 飲み取るほどに飲むならば......」――民謡「黒田節」は、太兵衛が福島正則から名槍・日本号を飲みとった逸話が由来である。腕こそ立つものの口下手で荒くれ者だった太兵衛だが、黒田家旧臣・母里の姓を賜り、官兵衛の命で5つ年上の善助と義兄弟になって以降、善助の言葉に素直に従い、勇猛果敢な忠臣として常に先陣を切っていく。

◆大河ドラマ初出演

 

■クールな二番家老・井上九郎右衛門(いのうえくろうえもん)/高橋一生(たかはしいっせい)
kan_0807_cast05.jpg「黒田二十四騎」で、のちに二番家老となる頭脳派。いつも善助、太兵衛と三人で官兵衛を守り支えるが、常に一歩引いて冷静に物事に臨むところがある。始めは官兵衛の父・職隆(もとたか)の近習だったが、多くの家臣が失われた「青山の戦い」以降、官兵衛の家臣となった。生涯、刀よりも知略で多くの軍功を挙げるが、官兵衛晩年の「九州の関ヶ原」では、後世に語り継がれる程の武功を立てる。

 

■官兵衛を父と慕う豪傑・後藤又兵衛(ごとうまたべえ)/塚本高史(つかもとたかし)
kan_0807_cast06.jpg長政の家臣として「黒田二十四騎」の一人に数えられるが、長政とは永遠のライバルであった。親を早くに亡くして黒田家に引き取られ、幼い長政と兄弟のようにして育てられた又兵衛は、官兵衛を父のように慕っていた。一時黒田家を離れるも長政に呼び戻され、家中で一、二を争う猛将として数々の武功を立てるが、次第に長政と対立していく。官兵衛の死後は牢人となり、大坂夏の陣で長政の敵方として討ち死にすることとなる。

 

■官兵衛とともに育った側近・母里武兵衛(もりぶへえ)/永井大(ながいまさる)
kan_0807_cast07.jpg官兵衛の幼なじみにして側近中の側近。子どもの頃は、腕白でマイペースな官兵衛に常に振りまわされていたが、官兵衛が姫路城主の自覚をしっかり持ってからは、真面目で誠実、武勇にも優れた忠臣として頼れる存在となる。突然仕官してきた生意気盛りの善助とは凸凹コンビとなりながらも先輩家臣として厳しく指導。若くして「青山の戦い」で壮絶な討ち死にをするが、武兵衛の遺志は善助はじめ黒田家家臣団にしっかりと受け継がれていく。

◆大河ドラマ初出演

 

■黒田家を支え続けた律儀者・母里小兵衛(もりこへえ)/塩見三省(しおみさんせい)
kan_0807_cast08.jpg官兵衛の父・職隆(もとたか)の代からの黒田家忠臣で、官兵衛の傅(もり)役。息子の武兵衛ともども勇猛な黒田武士であり、根っからの律儀者でもある。自分が目を離した隙に幼い官兵衛が敵対する赤松家の領地に出かけた時は、即座に腹を切ろうとした。長じた官兵衛が立派な当主になったことを誰よりも喜んでいたが、「青山の戦い」で敵の刃に倒れてしまう。官兵衛と同い年の武兵衛が妻を娶り、孫の顔を見せてくれるという夢は、ついにかなわなかった。

 

 

 

―――― 官兵衛をとりまく女たち ――――

■信長と対等に渡りあった妻・お濃(のう)/内田有紀(うちだゆき)
kan_0807_cast09.jpg信長の正室であり、誰もが恐れた天才児に臆せず本音をぶつけることが許された唯一の存在。父は一介の商人から美濃一国の大名となった下剋上の権化、斎藤道三(どうさん)。お濃は典型的な政略結婚で嫁いだ妻であり、生涯、子を産むことはなかったが、マムシとよばれた父譲りの才知から信長に愛された。信長は一生お濃を傍に置き、手放すことはなかった。それは、人間を役に立つかどうかで判断する信長にとって、数少ない例外だった。

◆大河ドラマ初出演

 

■幽閉された官兵衛の生きる希望・だし/桐谷美玲(きりたにみれい)
kan_0807_cast10.jpg人生最大の奈落に陥った官兵衛に、生きる希望を与えた女性。だしは、摂津国有岡城主・荒木村重の正室で、絶世の美女であった。夫とともに官兵衛と親交を深めていたが、突然、村重が信長に謀反を起こし、説得に来た官兵衛を牢に閉じ込めてしまう。一年にもわたる過酷な幽閉生活は官兵衛を絶望の淵に追いやるが、献身的なだしの存在が生きるよすがとなっていく。しかし、荒木一族に対する信長の制裁は、余りにも苛烈なものだった・・・。

◆大河ドラマ初出演

 

■悲劇の初恋の相手・おたつ/南沢奈央(みなみさわなお)
kan_0807_cast11.jpg官兵衛の忘れ得ぬ初恋の人。姫路城からほど近い広峰明神に仕える御師(おし)の娘で、官兵衛とは幼なじみだった。しっかり者で、子どもの頃から年下の官兵衛の世話を何くれとなく焼いてきたが、長じるにつれお互いを意識し始める。だが、たび重なる戦乱から姫路を守るために、おたつが黒田家の養女として同盟相手のもとへ嫁ぐこととなった。言葉に出せない思いを飲み込んで別れる二人。しかしその先には、更なる悲劇が待っていた...。

◆大河ドラマ初出演

 

■政略結婚から生まれた新たな愛・栄姫(えいひめ)/吉本実憂(よしもとみゆ)
kan_0807_cast12.jpg徳川家康の母方の姪であったが家康の養女となり、16 歳で黒田長政に嫁ぐ。長政には既に妻があったが、徳川家との絆を強めるため、前妻を離縁した上で栄姫は迎え入れられた。婚姻は関ヶ原の戦いのまさに前夜であり、祝言の直後に新郎は出征、姑の光(てる)とともに大坂城に残される。石田三成が挙兵するや、栄姫は光とともに俵に身を隠し脱出、領国の豊前中津に逃れる。やがて、前妻の間では生まれなかった待望の世継ぎを生むこととなる。

◆大河ドラマ初出演

 

■小寺(こでら)家を陰で支えた・お紺(こん)/高岡早紀(たかおかさき)
kan_0807_cast13.jpg優柔不断さで官兵衛を悩ませる主君・小寺政職(まさもと)の急所をしっかりと押さえる正室。始めはなかなか子宝に恵まれず、夫婦仲も円満ではなかったため、勝気で皮肉屋な一面ばかりが目立っていたが、官兵衛とは出会った当初から通い合うものがあった。嫡男・斎(いつき)が生まれてからは、生来の聡明さで小寺家を支えるようになり、政職に頼られ、官兵衛を支える。やがて訪れるお紺の死は、小寺家の迷走と、官兵衛の人生最大の危機の始まりであった。

 

 

 

―――― 官兵衛と闘う男たち ――――

■官兵衛のよき兄貴分、転じて・荒木村重(あらきむらしげ)/田中哲司(たなかてつし)
kan_0807_cast14.jpg摂津国の地侍出身。信長に認められ、異例の出世で摂津国の国主となる。不遇時代に官兵衛と知り合い、意気投合、官兵衛にとってはよき兄貴分的存在。信長に心服していたが次第にその苛烈なやり方に違和感を抱くようになる。小さな失策をきっかけに信長を裏切り、居城・有岡城に籠城、説得に訪れた官兵衛を幽閉する。籠城は一年に及んだが、あてにしていた毛利の援軍は来ず、数人で城を脱出、それがやがて大きな悲劇を生むことに...。

 

■室町幕府最後の将軍・足利義昭(あしかがよしあき)/吹越満(ふきこしみつる)
kan_0807_cast15.jpg諸国を転々としていたが、織田信長の助力で上洛を果たし室町幕府第15 代将軍に就任する。信長からは道具とみなされていたが、本人は幕府の再興を果たそうとしたため、衝突する。表立った対立を避けながら、各地の大名に密かに打倒信長を呼び掛けるも、信長から追放されてしまい室町幕府は滅亡する。それでも復権を諦めず中国の毛利を頼って反信長同盟を画策、足利家の家名と「御内書」と呼ばれる手紙だけを武器に戦い続ける。

 

■豊臣政権を支えた悲劇の高級官僚・石田三成(いしだみつなり)/田中圭(たなかけい)
kan_0807_cast16.jpg近江出身。長浜城主となった秀吉に仕官、若き日から目をかけられる。荒くれ者ぞろいの戦国時代には珍しい理詰めの合理主義者。兵糧、軍勢の大量輸送といった兵站業務に優れた手腕を発揮し、検地などの領国経営でも抜きんでた実力を見せつけ、秀吉の側近中の側近として活躍する。合戦では目立った活躍がなかったため武断派とは反りがあわず、特に官兵衛の嫡男、長政とは激しく反目、そのことが関ヶ原の戦いの勝敗を分けることとなる。

◆大河ドラマ初出演

 

■官兵衛と対立する義兄・櫛橋左京進(くしはしさきょうのしん)/金子(かねこ)ノブアキ
kan_0807_cast17.jpg播磨国志方(しかた)城主の嫡男。青年期は近習として小寺政職(こでらまさもと)に仕え、同僚の官兵衛をよそ者と侮り嫌う。やがて妹・光(てる)が官兵衛と結婚して義理の兄弟となるが関係は改善しない。家督を継いで志方城主となってからは織田に味方すべきと主張する官兵衛に対し、毛利につくべきと真っ向から対立する。さらに、もう一人の妹が嫁いだ城を官兵衛が攻め落としたことから、官兵衛に深い遺恨を抱くようになり、そのことが播磨を揺るがす動乱に発展することになる。

◆大河ドラマ初出演

 

■11日間の天下人・明智光秀(あけちみつひで)/春風亭小朝(しゅんぷうていこあさ)
kan_0807_cast18.jpg美濃国の小領主出身とされるが出自には謎が多い。足利義昭の側近として上洛の実現に奔走、その過程で織田信長に認められる。義昭と信長が対立した際には調停を試みるが、やがて義昭を見捨てる。信長の家臣としては秀吉と並ぶ出世頭であり、近江の一部に加え丹波丹後を領有し「近畿管領」と呼ばれるほどの実力者となるが、遂には古い秩序をすべて破壊しようとする信長を討つ決意を固める。

 

 


■題字 祥洲さんからのメッセージ
kan_daiji01.jpg巧みな戦略とともに、単身敵陣に乗り込む果敢な行動力。生涯、側室を持つことなく、地位や名誉にこだわらず、愚直なまでに自らの生き様を貫いた黒田官兵衛。題字「軍師官兵衛」では、この人物像を、奇を衒うことなく、そして書の伝統に基づき、書き上げるようにと心がけました。番組とともに、多くの皆様に末永く親しまれ、そして愛され続けるようにと、心から願っております。

【プロフィール】
6 歳から正式に書を学び、立命館大学在学中の19 歳でプロ書家としてデビュー。後に書壇を離れ、フリーとなる。伝統書のみならず独自の墨美世界により、日中韓など五か国共催「祥洲・先鋒墨美展」など企画個展、受賞多数。小学校図画工作教科書「ゆめを広げて」収録ほか、世界的有名企業のCM や多数のロゴ書でも知られている。

 

■新たな出演者発表にあたって・・・チーフ・プロデューサー 中村高志
黒田官兵衛の遺訓に「神の罰より主君の罰おそるべし。主君の罰より臣下百姓の罰おそるべし」という言葉があります。神罰や主君の罰よりも、家臣や領民から見放されることのほうが恐ろしいといった意味です。官兵衛は家臣や身のまわりの人をとても大切にした人物です。「絆」を何よりも大事にする人たちが官兵衛のまわりにいて、黒田家の家族や家臣団は一つの大きなファミリーを形成していたと思います。
この強力なファミリーがぶつかる「中央政界」の面々も個性派が揃っています。いずれも黒田家のそして官兵衛の運命を大きく変える人物たちです。そして、戦国では女性は歴史の陰に隠れていたと 思われがちですが、実は強い輝きを放つ女性が大勢いました。そんな女性たちの存在がドラマに一層の深みを加えてくれるはずです。
多彩なキャラクターを個性豊かで魅力的な皆さんに演じていただきます。このメンバーが丁々発止とぶつかりあうことで美しくも壮大なシンフォニーが生れます。是非、ご期待ください。

 


大河ドラマ「軍師官兵衛」

【放送予定】 2014年1月から1年間

【収録予定】 2013年8月クランクイン予定

【作】 前川洋一

【音楽】 菅野祐悟  
【テーマ音楽演奏】 NHK交響楽団  【テーマ音楽指揮】 広上淳一

【題字】 祥洲

【演出】 田中健二 本木一博 大原拓 ほか

【制作統括】 中村高志  【プロデューサー】  勝田夏子

 

■企画意図・作者のことばなどはこちらから
2014年の大河ドラマは「軍師官兵衛」。岡田准一が官兵衛に!

■キャスト発表第一弾はこちらから
大河ドラマ「軍師官兵衛」新たなキャスト発表!


新着記事

カテゴリーから選ぶ

開く

月別から選ぶ

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

2007年

開く

2006年

開く

2005年

開く

2004年

開く

2003年

開く
ページトップへ