ドラマトピックス

平成29年 大河ドラマ「おんな城主 直虎」出演者決定!

大河ドラマ
おんな城主 直虎

⇒「おんな城主 直虎」番組ホームページ公開中!

【作】 森下佳子

【主演】 柴咲コウ

2017年放送の大河ドラマ「おんな城主直虎」。
主人公・井伊直虎(柴咲コウ)をとりまく登場人物たちのキャストが決まりました!



onna_0526_01.jpg
主人公

おとわ/次郎法師/井伊直虎(いい なおとら)
柴咲コウ
井伊家当主・井伊直盛の一人娘として生まれる。直盛には他に子がなかったため、幼くして分家の嫡男・亀之丞と婚約し、次の当主の妻として井伊家を盛り立てるはずだった。 ところが井伊家は、実質的には強大な今川義元の支配下にあり、亀之丞の父は今川方に謀反の疑いをかけられ、殺害されてしまう。9歳の亀之丞も命を狙われて信州へと逃げ、以降ふっつりと消息が途絶えた。 その後別の縁談が持ち上がるが、自ら出家して拒絶。なぜか菩提寺の和尚は「次郎法師」と男の名をつける。   



【「直虎」を育んだ家族】

onna_0526_02.jpg
直虎の父
井伊直盛(いい なおもり)
杉本哲太
井伊家当主。強大な今川支配のもと、今川への対応を巡って激しく対立する家中のかじ取りに日々苦心している。生け花を愛する心優しい父。


onna_0526_03.jpg
直虎の母
千賀(ちか)
財前直見
今川家臣・新野左馬助の妹。今川との同盟の証しとして井伊家に嫁ぐ。男子に恵まれなかったことを申し訳なく思っており、その分しっかり者の気丈な妻・母である。

onna_0526_04.jpg
直虎の曽祖父
井伊直平(いい なおひら)
前田吟
先々代当主。今川と激しく戦った後、その軍門にくだった。今川への敵意はいまだに激しく、すきあらば一矢報いようと狙っている。血気盛んなご隠居である。  


onna_0526_05.jpg
菩提寺の住職
南渓和尚(なんけいおしょう)
小林薫
直虎の大叔父で、井伊家の菩提寺、龍潭寺の住職。出家した次郎法師の師。一見いいかげんだが、実は井伊家の軍師的存在であり、後に城主・直虎の知恵袋となる。

 

  【「直虎」と乱世をともにする】

onna_0526_06.jpg
直虎のいいなずけ
亀之丞(かめのじょう)/井伊直親(いい なおちか)
三浦春馬
父の直満が今川に謀反の疑いで殺害された後、息子の亀之丞も命を狙われて亡命を余儀なくされる。その後生死も行方も分からないまま10年が過ぎる。


onna_0526_07.jpg
井伊家筆頭家老
鶴丸(つるまる)/小野政次(おの まさつぐ)
高橋一生
井伊家筆頭家老・小野政直の嫡男。おとわや亀之丞の幼なじみだが、今川寄りの家老として家中で孤立する父の姿に葛藤を抱えながら育つ。父の後を継いで家老となるが、かつての父と同じ立場に追い込まれることに・・・。


onna_0526_08.jpg
盗賊団のかしら
龍雲丸(りゅううんまる)
柳楽優弥 <大河初出演>
幼いころに戦乱で両親を亡くし、以来流浪の生活。同じ境遇の身寄りのない孤児たちを束ね、盗賊団のかしらとして乱世を生き抜いている。井伊谷の山林から盗伐しようとしたところを捕らえられ、直虎と出会う。


onna_0526_09.jpg
直親の妻
しの
貫地谷しほり
井伊家の重臣・奥山朝利の娘。直親の正室となり後継ぎを期待されるが、なかなか授からず焦っている。また直親の元いいなずけ、おとわ(次郎法師)の存在もプレッシャーに感じている。


onna_0526_10.jpg
豪商
瀬戸方久(せと ほうきゅう)
ムロツヨシ
無一文から商売で成功をおさめ、井伊家の財政を揺るがすほどの力を持つ豪商に。金のためなら組む相手をころころ変えて油断のならない人物だが、「利益」を正義とするポリシーはどんな時も揺るがない。



【ふるさと井伊谷のひとびと】

onna_0526_11.jpg
亀之丞の父
井伊直満(いい なおみつ)
宇梶剛士
直平の息子で直盛の叔父。一人息子の亀之丞と、井伊家の総領娘のおとわが婚約し、息子が井伊家の次の領主となることが決まった。それを足がかりに何とか今川の支配を脱したいと画策していたところ、今川から謀反を疑われる。


onna_0526_12.jpg
鶴丸の父
小野政直(おの まさなお)
吹越満
井伊家筆頭家老。京都の貴族につながる名門の出と言われ、優秀さを買われて井伊家に仕えることに。しかし今川との関係を重視する政策をとり、井伊家の反発を一身に受けることになる。


onna_0526_13.jpg
千賀の兄
新野左馬助(にいの さまのすけ)
苅谷俊介
今川家臣。妹・千賀が井伊家に嫁いだのを機に、今川の目付として井伊谷に移り住む。温厚な人柄で井伊家によくなじみ、今やむしろ井伊家の立場で物事を考えることに。


onna_0526_14.jpg
井伊家の重臣
奥山朝利(おくやま ともとし)
でんでん
娘の1人は井伊家に、もう1人は小野家に嫁ぎ、家中での発言力を増している井伊家の家臣。しかし桶狭間の戦いで自らも大きな傷を負い、歯車が狂っていく。


onna_0526_15.jpg
井伊家の重臣
中野直由(なかの なおよし)
筧利夫
井伊家から分家した家臣で、井伊の血筋に誇りを持ち、反小野家の急先ぽう。直盛亡きあと井伊家のかじ取りを任され、そのことが家中に波紋を引き起こす。



onna_0526_16.jpg
語り
中村梅雀
井伊谷に伝わる伝説の「竜宮小僧」は水のそばに住み、人が見ていないところでこっそり人助けをしてくれる存在。そんな「竜宮小僧」のように、今作の語りは、直虎をはじめ井伊谷で懸命に生きる人々を優しく見つめ励ます。


■作家紹介

onna_0526_17.jpg
  森下佳子
【プロフィール】 
1971年大阪府生まれ。2000年「平成夫婦茶碗~ドケチの花道~」で脚本家デビュー。主な作品に「世界の中心で、愛をさけぶ」「白夜行」「仁-JIN-」「とんび」「天皇の料理番」「経世済民の男 小林一三」「わたしを離さないで」など。NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」で第32回向田邦子賞/第22回橋田賞を受賞。


■出演者発表にあたって  チーフ・プロデューサー 岡本幸江
静岡県の浜名湖の北に位置する「井伊谷」。今も同じ地名が残るこの地におり立つと、本当に小さな谷あいの集落であることが分かります。そして、この小さな谷を守ろうと、直虎さんが全身全霊を傾けたことが思い起こされます。志半ばで命尽き、直虎さんに後を頼まざるを得なかった人々、直虎さんがより良き世を願って未来を託した次の世代の人々の姿も。
「おんな城主 直虎」で、直虎を導き、支えた人々を演じていただく皆様に共通しているのは井伊谷の「土の香りがする」方たちだということです。草の香りを運んで井伊谷に吹きわたる「風」を感じさせてくださるみなさんです。また時として汗の香りも・・・(!)。直虎と父母、祖父、叔父、いいなずけ、幼なじみ、井伊家の家臣たちを、われらが「つわもの」たちが、土くさく力強く演じ、ともに泣き笑い分かち合える「人生」にしてくださると楽しみでなりません。
今日ご紹介する皆様とともに、井伊谷の風を感じていただけるとうれしいです。


平成29年 大河ドラマ 『おんな城主 直虎』

【放送予定】
 2017年1月から1年間
【制作スケジュール】
 2016年9月 クランクイン予定
【作】
 森下佳子
【主演】
 柴咲コウ
【制作統括】
 岡本幸江
【プロデューサー】
 松川博敬
【演出】
 渡辺一貴


ページトップへ