ドラマトピックス

遠藤憲一さん主演!さだまさしさん原作『かすていら』制作開始!

プレミアムドラマ
かすていら

昭和30年代、長崎。亡き父の大好物だったカステラの香りに包まれたあたたかな記憶の中には、
明るくて、ちょっと迷惑で、それでも皆から愛された型破りな父と、振り回される家族がいた―。


笑いと涙に彩られた、さだまさし初の自伝的実名小説「かすていら 僕と親父の一番長い日」をドラマ化します。「精霊流し」「眉山」などの名作を生んだ“作家・さだまさし”が父にささぐ、もうひとつの「精霊流し」。昭和家族ドラマの決定版『かすていら』にご期待ください。

kasutera0409a.jpg

【内容】
昭和30年代の長崎。佐野家は裕福な材木商から一転、事業が行き詰まり、小学5年生になった少年・雅志の運命も変わった。豪邸から長屋に移り、習っていた大好きなバイオリンもやめなくてはならないかもしれない。しかし、父親・雅人を筆頭に、母・喜代子、祖母・エンともさだ家の面々は、皆前向きだ。そんな家庭のなかで、雅志は大人たちのたくましさを学び、そして暖かな愛情に包まれながら、音楽の道へとまい進する。

このドラマでは、駐車違反を取り締まられた善良な警官との対決と心温まる友情、だまされた悪徳不動産屋への徹底的で容赦ない報復、命を省みずに借金を踏み倒したヤクザとの間に芽生えた奇妙な絆など、抱腹絶倒の父の武勇伝を中心に、佐野家や故郷の人々の心の交流と少年雅志の成長を“温かな笑いとあふれる涙”の中に描いていく。


 

【タイトル】 プレミアムドラマ『かすていら』

【放送予定】 2013年7月放送予定 [BSプレミアム]よる10時00分~10時48分 <連続5回>

【原 作】 さだまさし「かすていら 僕と親父の一番長い日」(小学館)
【脚 本】 羽原大介
【音 楽】 渡辺俊幸
【出 演】 遠藤憲一、西田尚美、大八木凱斗(子役)、今井雅之、金子賢、佐々木すみ江 ほかの皆さん
【制作統括】 真鍋斎(NHKエンタープライズ)、藤澤浩一(NHKドラマ番組部)
【演 出】 吉村芳之(1、2、3話)、川野秀昭(4、5話)
【制作予定】 4月中旬~6月初旬 長崎市内、都内および都内近郊で撮影

 

<< プレミアムドラマ『かすていら』番組ホームページオープン! >>


ページトップへ