ドラマトピックス

中井貴一さん主演! 池波正太郎原作『雲霧仁左衛門』制作開始!

BS時代劇 雲霧仁左衛門

盗みのプロと捕り物のプロが激突する。理想のリーダーは、どっちだ!?

池波正太郎生誕90周年の2013年、『雲霧仁左衛門』がBSプレミアムで復活します!!

→「雲霧仁左衛門」番組ホームページ

 


【主な役柄と出演者】
 

kumokiri0701_01_nakai.jpg雲霧仁左衛門(くもきりにざえもん)
 ・・・中井貴一

盗賊・雲霧一党の首領。「殺さず、犯さず、貧しき者からは奪わず」のおきてを守り、まるで雲か霧のように跡形もなく、鮮やかな手口で盗みを働く、希代の大盗賊。

kumokiri0701_02_kunimura.jpg安部式部(あべしきぶ)
 ・・・國村隼

重罪の放火や盗賊を取り締まる火付盗賊改方の長官。雲霧一党を根こそぎ召し捕るべく財を投げ打ち、部下から信頼を寄せられている。

kumokiri0701_03_uchiyama.jpg七化けのお千代(ななばけのおちよ)
 ・・・内山理名

雲霧一党。公家から商家の女まで何にでも化け、引き込みを働くことからその名がついた。幼いころ火事で焼け出された身を拾われて以来、仁左衛門の下で働き、彼を慕っている。

kumokiri0701_04_ibu.jpg木鼠の吉五郎(きねずみのきちごろう)
 ・・・伊武雅刀

雲霧一党。仁左衛門の右腕として働き、配下から「小頭」と呼ばれている。切れ者で、冷静沈着。仁左衛門の命を受け盗みの実行部隊として指揮を執る。

kumokiri0701_05_emoto.jpg因果小僧六之助(いんがこぞうろくのすけ)
 ・・・柄本佑

雲霧一党。幼くして身寄りがなくなったところを、仁左衛門に拾われた。盗みの腕は立つが、血気盛んなところがあだとなり、一党のおきてを破ってしまうこともある。

kumokiri0701_06_teduka.jpg州走りの熊五郎(すばしりのくまごろう)
 ・・・手塚とおる

雲霧一党。その足の速さから“州走り”の異名がついた。不気味なまでに行動が素早い。

kumokiri0701_07_endou.jpgおもん
 ・・・遠藤久美子

雲霧一党。実の父親・治平と共に、仁左衛門の配下として働く。

kumokiri0701_08_murata.jpg山田藤兵衛(やまだとうべえ)
 ・・・村田雄浩

火付盗賊改方の与力。雲霧一党の捕縛に情熱を傾ける安部式部の誠実な部下である。

kumokiri0701_09_matsuda.jpg高瀬俵太郎(たかせひょうたろう)
 ・・・松田悟志

火付盗賊改方の同心。真っ直ぐな性格で、任務に忠実なことから、山田から信頼されている。

kumokiri0701_10_kyouno.jpgお京
 ・・・京野ことみ

元めんびき(女スリ)で、火付盗賊改方の密偵。与力同心たちの手先となって働く。

 


【あらすじ】

享保年間(徳川吉宗の治世)。江戸一帯のみならず、東海道、中仙道から上方まで股にかけ、鮮やかな手口で大金を奪う盗賊の一味があった。大金持ちの金蔵しか狙わず、けして殺さず、傷つけず、雲が涌くように現れ出で、霧のように消える。すご腕の名立たる子分(七化けのお千代、木鼠の吉五郎、州走りの熊五郎、因果小僧六之助ら)を統率する一味の首領は雲霧仁左衛門、希代の大盗賊である。
一方、雲霧一党の捕縛に執念を燃やす治安組織・火付盗賊改方の長官は安部式部。雲霧との知恵比べで煮え湯を飲まされながらも、激しい攻防戦を繰り広げ、雲霧に脅威を与え続ける。
雲霧一党の次なる狙いは尾張名古屋の豪商。火付盗賊改方の追っ手が迫るなか、果たしてどんな手口で盗みを仕掛けるのか・・・

 

 

BS時代劇『雲霧仁左衛門』

【放送予定】 2013年10月から BSプレミアムにて放送予定<全6回>

【原作】 池波正太郎「雲霧仁左衛門」(新潮文庫)

【脚本】 宮川一郎 脚本協力:岡本さとる

【音楽】 遠藤浩二

【出演】
中井貴一、國村隼、内山理名、伊武雅刀、柄本佑、手塚とおる、遠藤久美子
村田雄浩、松田悟志、京野ことみ ほか

【演出】 山下智彦、服部大二、井上昌典

【制作】 中嶋等(松竹)、遠藤理史(NHK)、海辺潔(NHKエンタープライズ)

→「雲霧仁左衛門」番組ホームページ

 


新着記事

カテゴリーから選ぶ

開く

月別から選ぶ

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

2007年

開く

2006年

開く

2005年

開く

2004年

開く

2003年

開く
ページトップへ