ドラマトピックス

前田敦子さん主演「あさきゆめみし」木曜時代劇に登場!

あさきゆめみし
~八百屋お七異聞

asaki0717a.jpg

総合テレビに新作時代劇がかえってくる!
その第一弾を飾るのは本格派悲恋時代劇10本シリーズです。

→『あさきゆめみし ~八百屋お七異聞』番組ホームページ


ご存知「八百屋お七の放火事件」は冤罪だった! 八百屋お七の悲しい恋物語を題材に、ジェームス三木が、わが身をかけて純愛を貫くお七を切なく、狂おしく歌い上げます。
お七を演じるのは、時代劇ヒロイン初の前田敦子。初恋の人、吉三を救うため、自ら罪びととなるお七に挑戦します。また、いとしい吉三には、若手演技派、池松壮亮。父、喜兵衛に中村雅俊。母、お房は竹下景子。前田敦子(八百屋お七役)を豪華キャストが取り囲みます。
演出は岡崎栄が手がけます。前田×岡崎の年の差61歳のタッグが作り上げる平成のお七にご期待ください。

<物語>
五代将軍綱吉が就任したばかりの延宝九年(1681年)二月、江戸本郷丸山で起きた火事は駒込まで燃え広がり、追分片町の裕福な八百屋「八百源」も類焼した。「八百源」の一人娘、お七は店と住まいが建て直されるまで大乗寺に預けられる。お七はこの寺で、焼け出されて身寄りのない子供たちの世話をしながら暮らすことになるが、寺小姓の吉三を見初め、切ない恋心に身を焦がす。やがて八百源が再建され、お七は追分片町に戻った。父、喜兵衛は働き者の手代、勘蔵を見込み、お七の婿に迎えようとする。しかし、お七はどうしてもうんと言わない。お七の心の中には吉三が住み着いていた。そして吉三も…。

<主演・前田敦子さんからのメッセージ>
「お七という女の子は自分の気持ちに素直に生きている女の子なので、
その一途な想いというものをまっすぐに表現出来たらいいなと思います。
「八百屋お七」を知らない若い人達にも是非見てほしいです。」

<お七への起用理由 ~制作統括・小松昌代>
いちずなお七、最も切なく、愛くるしいお七を誰で見たいか――
前田敦子さんのひたすらまっすぐで強い瞳が真っ先に浮かびました。
そして、「演じたい」と体中が言っているような、情熱。
可憐(かれん)なお七が、愛を知り、女性として変わっていく様を、
今までに見たことのない前田敦子さんで見たいと思いました。




木曜時代劇『あさきゆめみし ~八百屋お七異聞』

【放送予定】 2013年9月19日(木)スタート  毎週木曜日 午後8時~8時43分<連続10回>

【作】 ジェームス三木

【音楽】 渡辺俊幸

【出演】 前田敦子(お七役) 池松壮亮(吉三役) 平岡祐太(勘蔵役)
      竹下景子(お房役) 中村雅俊(喜兵衛役) ほかの皆さん

【演出】 岡崎栄 岡田健 土井祥平

【制作統括】 小松昌代(NHKエンタープライズ)  原林麻奈(NHKドラマ番組部)

【収録】 緑山スタジオ、江戸ワープステーション、茨城県ほかで撮影予定。

 

→『あさきゆめみし ~八百屋お七異聞』番組ホームページ


ページトップへ