検索
閉じる
早く!すい臓がん発見 自己判定ガイド初公開
健康

早く!すい臓がん発見 自己判定ガイド初公開

2015年5月20日(水)午後8時
番組内容を印刷する

今回のテーマは、すい臓がん
ガッテンでは初めて取り上げるがんです。

生存率が主要がんの中で最低という危険ながん。
がんの専門家も多くが、最も危険ながん、と指摘します。

その特徴は、自覚症状がないため早期発見がきわめて難しいことです。
年間死亡者数は、3万人以上、おととし肝臓がんを抜いて4位になってしまいました。

ところが今回番組でお伝えしたのは、あることに自分で気づけば早期発見の可能性があるということ。
早期発見できれば、手術などでがんを取り除くこともできるんです。
そのカギは、あの、おなじみの血糖値。番組に出てきた89歳のおばあさんは、自分でこの血糖値の異変に気づき、すい臓がんの早期発見に成功しました。がん発見後11年たっても元気、元気。

早期発見の決め手は、血糖値が「さしたる理由がないのに急上昇」すること。実は、すい臓でインスリンを作るβ細胞が、すい臓がんができると働きが悪くなり、結果として血糖値が急上昇することがわかってきました。しかも、がんの初期から。暴飲暴食や、環境の変化、糖尿病の家族歴など、心当たりもないのに血糖値が上がったら、要注意です。

すい臓がんができるすい管という場所を詳しく見ることができる、MRCPと呼ばれる最新検査の方法もご紹介しました。もしかしたら、と思った方は、ぜひすい臓の検査ができる病院に相談してみてください。

詳しくは、お役立ち情報で。

今回のお役立ち情報
01

すい臓がんについて

すい臓がんは、すい臓の中を通る管(すい管)の上皮に発生する早期発見が極めて難しいがんです。
見つかった時にはすでに進行しているケースが多く、5年で9割以上の人が命を落としています。
また、がん死亡数では、おととし肝臓がんを抜いて4位に上昇しています。早期発見が困難な理由は、検診や人間ドックの腹部検査で使用される「超音波(エコー)」には“空気を通りにくい“という弱点があるからです。すい臓の前部には空気をたくさん含む胃が位置しているため、直径2cm以下の早期段階でのがん発見率はわずか4.1%とされています。(日本膵臓学会調べ)

02

すい臓がんの早期発見法について

すい臓がんを早期発見するポイントは「さしたる理由もないのに血糖値が急上昇する」のを見逃さないことです。一般的に血糖値の急上昇は、「不摂生」「ストレス」「遺伝」によって起きるケースがほとんどです。そのため、それらの覚えがないのに「空腹時血糖」「尿糖」「ヘモグロビンエーワンシー(HbA1c)」などが前回の結果と比べて急上昇したときは注意が必要です。すぐにお近くの消化器内科、消化器外科、肝胆膵(すい)内科など「すい臓の検査ができる医師」にご相談ください。

※すい臓がんが疑われる血糖値急上昇の例として以下の3つにご注意ください。

①食べすぎ・飲みすぎの覚えがない ②生活環境に変化がない ③糖尿病の家族歴がない

※二親等(血縁関係のある祖父母・父母・兄弟姉妹・子・孫)に糖尿病の人がいないのに血糖値が急上昇した時は要注意です。

03

すい臓の精密検査を受ける目安について

※上記の「さしたる理由もないのに血糖値急上昇」以外にも、以下の2つに該当する人は、すぐにお近くの消化器内科、消化器外科、肝胆膵内科など「すい臓の検査ができる医師」にご相談ください。

超音波検査ですいのう胞が見つかったとき

すいのう胞とは、すい臓にできる液体の溜まった袋です。がん自体ではありませんが、近年の研究でこれをもっている人は、すい臓がんの発生リスクが22.5倍になることが明らかになっています。

血液検査でアミラーゼが基準値を超えていたとき

人間ドックの血液検査の項目に入っていることが多い「アミラーゼ(すい臓などから出る酵素の1つ)」値の上昇は一時的な場合が多いため、基準値を超えた場合は放置しないようにしてください。