検索
閉じる
脚のむくみがサイン!潜むホルモンの大乱調
健康

脚のむくみがサイン!潜むホルモンの大乱調

2015年6月3日(水)午後8時
番組内容を印刷する

多くの女性の悩みのタネ「脚のむくみ」。

しかし、そんなむくみの中には、見た目は普通のむくみなのに、長引かせると大変な事態を引き起こす、「むくみモドキ」とも呼べるものがあるのです。

このむくみの正体は体の中で起こる「ヒアルロン酸の異常増殖」。
脚だけでなく、顔やまぶた、時には心臓がむくんで、命まで脅かされることもあります。

こんな恐ろしい事態を引き起こす真犯人は、
「甲状腺」の機能の低下です。

甲状腺は、体のあらゆる細胞を元気にする「甲状腺ホルモン」を分泌していますが、これが少なくなってしまうと、体のあちこちがむくむだけでなく、「冷え」「便秘」「疲労感」「抜け毛」など、様々な症状が起こってしまうのです。

もし、甲状腺が低下している場合は、そこへの対策が必要です。
そうすれば、がんこだった脚のむくみがすっきり解消することも夢ではありません。

多くの人が気づいていないと言われる、甲状腺のトラブル。
詳しくは、お役立ち情報のページでどうぞ!

今回のお役立ち情報
01

むくみモドキについて

甲状腺の機能が低下したことによって主にヒアルロン酸が溜まるむくみを番組上「むくみモドキ」としました。脚だけでなく、顔や手にも発生します。顔の場合は、まぶたがむくむ方が多いのも特徴です。
また、一般的なむくみの場合は、重力によって脚に水分がたまります。このため、立ち仕事をした後などに感じやすいのですが、むくみモドキの場合は、立ち仕事や時間帯に関係なくむくむのも特徴です。

02

むくみモドキの気づき方について

脚がむくんでいると感じたとき、以下の手順をお試しください。

  1. 向こうずねのすぐ横を5秒ほど強く押す
  2. 押した箇所がへこんでいるかどうかを、よく確かめてください。


一般的なむくみであれば、へこみが跡となって残ったままになりますが、むくみモドキの場合は、へこみが残りません。

※へこみが軽微であれば分かりずづらい場合もあります。

※この見分け方は、見過ごされがちな甲状腺機能低下症を少しでも早く発見するための、目安です。甲状腺機能低下症かどうかを判断するためには、早めの医療機関の受診をお勧めします。

03

甲状腺機能低下症の症状について

のど仏の下辺りにあるのが「甲状腺」ですが、この機能が低下する病気を甲状腺機能低下症と言います。
甲状腺の機能が低下すると、全身の細胞を元気にする「甲状腺ホルモン」の分泌が少なくなってしまいます。

そのため、「むくみモドキ」の他にも・・・
「冷え」「抜け毛」「便秘」「関節痛」「疲労」「うつ状態」「小食なのに太る」など、様々な症状が複数現れるのが一般的です。

04

甲状腺機能低下症の「治療薬」について

「甲状腺ホルモン剤」という薬を服用します。一錠10円程度と安価な薬です。

足りなくなったホルモンを補充するのが目的ですので、持薬として飲み続けるのが基本です。

05

病院を訪れるポイントについて

上記に挙げたような症状に加えて、むくみモドキがある方は、甲状腺機能低下症の可能性が高くなります。
医師が甲状腺機能低下症の疑いありと判断すれば、
血液検査で「甲状腺ホルモン」の値を調べ、甲状腺機能低下症かどうかが分かりま す。

また、甲状腺機能低下症には、「潜在性」甲状腺機能低下症と言われる前段階の状態もあり、この状態かどうかも血液を検査すると分かります。