検索
閉じる
白内障!50代からの眼のアンチエイジング
健康

白内障!50代からの眼のアンチエイジング

2015年8月5日(水)午後8時
番組内容を印刷する

世界の失明原因第1位の白内障。
実は、超早期に見つければ、進行を食い止められるのです!

いま、白内障は50代の3~4割の人に発症、
でも、ほとんどの人は自覚症状がありません。
実は普通の人に比べ交通事故のリスクが2.5倍になるなど、放っておくのは危険。早期発見がとても大切です!

水晶体の周辺からトゲのように白濁する白内障の場合、
初期症状は「暗いところで物が2重にダブって見えること」。
お月様を見て、2重に見えたら白内障が始まっているかも!

水晶体の内部にもう一つのレンズができてしまう白内障の場合、
初期症状は、なんと「老眼が治ること」。

よく見える、なんて喜んではいられません!

白内障を早期発見できれば、
目薬や、紫外線対策で進行を食い止めることも可能です!
その詳しい方法をお届けします!

今回のお役立ち情報
01

白内障早期発見のポイント

白内障は目の水晶体という部分のタンパク質が変性し濁ってしまう病気です。
まぶしさや、目のかすみ、視力の低下することなどが一般的に知られていますが、実は多くの人が視力に問題がなくても白内障が進行していることがわかりました。

濁り方によって様々なタイプの白内障があります。
今回紹介したのはトゲトゲ型(皮質白内障)と色めがね型(核白内障)の2つ。
初期症状にはそれぞれ特徴があります。

トゲトゲ型は水晶体の周辺からタンパク質が変性することから、瞳孔が開く薄暗いところで影響が現われやすく、
ものが2重3重にダブって見えるようになります。
色めがね型は水晶体の中心にある“核”と呼ばれる部分のタンパク質が変性、レンズのような働きで屈折率が変化します。
そのため、トゲトゲ型のようにものが2重3重にダブって見えるようになるのに加え、老眼が治ったように感じる(近視が進む)という特徴があります。

そこで、番組でオススメした早期発見法はお月見。
視力を矯正した状態で片目ずつ月を見て、
2重3重にダブってみて見える場合は白内障の初期症状が疑われます。
暗いところであれば月以外でも小さな明かりで確認できます。

※白内障は他にも様々な種類があり、併発することも少なくありません。白内障かどうかは、どの眼科でもすぐにわかりますので、50代から目の見えづらさを感じるようなら眼科の受診をおすすめします。

02

オススメの最新予防法

トゲトゲ型(皮質白内障)は初期の段階であれば
一般的に病院で処方される目薬で進行が抑えられます。
最近の研究では、初期であれば進行スピードが50%に抑えられることがわかってきました。

また、紫外線対策も大事な予防法です。
ひとつめは帽子。目に影ができるように深く被ることで紫外線のカット率を20%から50%にアップさせることができます。
もう一つがメガネ類。紫外線をカットする効果のあるレンズであれば、サングラス、メガネ、コンタクトレンズどれでもしっかりカットしてくれます。
注意しなければならないのは、目の上や横から入ってくる紫外線。
できるだけ柄の太いものや目を覆うような形のものがオススメです。

03

手術で意外なことが改善!?

白内障の手術は年々進化し、わずか2~3mmの切開で水晶体を人工レンズに入れかえることができるようになりました。
安全に精度の高い手術のため、視力が0.7以上の人でも
見え方が改善することが期待できます。

また、最新の研究で注目されているのが睡眠との関係。
ある研究によると、白内障の手術を受けた人の半数が寝付きやすくなった、睡眠時間が増えたなど、睡眠の質が改善することがわかりました。
手術によって目の奥に光が正しく届き、体内時計が調整されやすくなるからだと考えられています。