検索
閉じる
アンチエイジングの新常識 毛細血管ケアSP
健康

アンチエイジングの新常識 毛細血管ケアSP

2016年7月13日(水)午後7時30分
2016年7月19日(火)午前0時20分
NHKオンデマンドでご覧いただけます 番組内容を印刷する

若さと健康の大きなカギ「毛細血管」。 実は毛細血管は、年齢と共に減ってゆくため、肌など体中の細胞が酸素&栄養不足になってしまい大問題となります。 もちろん肌だけではありません。肺や肝臓などの臓器、そして脳にまで影響して、肝臓病や認知症など、様々な症状の引き金になると考えられているのです。

そこで今、大きく注目され始めたのが「毛細血管ケア」という新発想です。 毛細血管を若い状態でキープすることで老いや病を防ぎ、アンチエイジングの切り札とするものです。

カギとなる「血流アップの極意」や「注目の食材」など、 ガッテンならではの徹底した大実験と実証を行いました!「血管ケア」で老いと病気を食い止めましょう!

今回のお役立ち情報
01

体の老化=毛細血管の劣化?!

最新研究で分かってきた驚きの新事実。それは“毛細血管は年齢と共に減っていく”ということです。毛細血管は全身の血管の99%を占め、酸素と栄養を体のすみずみまで送り届ける大切な働きをもっています。ところが、皮膚の毛細血管を調査した研究では、60~70代の人は20代に比べて、毛細血管が4割も減少していました。

皮膚に酸素や栄養が届かなければ、シミ・シワなどお肌のトラブルの一因になります。また、肝臓や肺など、臓器の毛細血管が減れば、様々な機能低下や病気が起こる可能性もあります。年をとるほどお酒が弱くなったりするのは、毛細血管の減少が要因のひとつと考えられるようになっています。毛細血管の劣化、侮ってはいけません!

02

“血流UP”が毛細血管ケアのカギ!

毛細血管の減少や劣化を防ぎたい!なんとか復活させたい!そんな願いにこたえるカギは『血流UP』です。実は毛細血管は、年とともに、細胞同士の「接着」が甘くなってしまいます。すると血液が途中で漏れ出してしまい、毛細血管の劣化を引きおこします。しかし日ごろから十分な血流があると、細胞がお互いにくっつきあって、血液の漏れを防ぎ、健康な毛細血管を生み出してくれるのです。

いつでもどこでもラクチンに血流を上げられガッテン流は、『その場スキップ』です。ポイントは、第2の心臓と言われる『ふくらはぎ』のポンプ機能。スキップすることでふくらはぎのポンプ機能を強め、足の下の方から血液を戻す力を高める効果が期待出来ます。

やり方は、両手と両足をしっかりと上げるスキップを20回、それを朝・昼・晩の3回行います。現代人はデスクワークなどで、昼間は座り続けている人が多いので、特に午後や夕方は血液が下の方にたまりがち。そこで、3回に分けてスキップを行う事で血流の良い状態をキープします。

※無理に行うと転倒やケガの原因となります。決して無理をしないでください。

■スキップが難しい人は…
体力的にスキップが難しかったり、マンションなので下の人に迷惑になってしまう…そんな場合は『かかとの上げ下げ』もおすすめです!これも20~30回、朝・昼・晩に行うのがベター。電車の待ち時間、歯磨きの間…など、ちょっとした空き時間やながら作業中に出来るので、普段の生活の中にさりげなく取り入れてみては?!

03

毛細血管ケアに効果が期待される食材

最新の研究で、毛細血管ケアに効果が期待できる食材が分かってきました。それは『シナモン』です。漢方の世界では『ケイヒ』として、古くから血流UPの効果が言われてきました。他にもナガコショウ(ヒハツ)ルイボスティーも効果が期待できるとして、研究が進められています。
※シナモンの健康効果についてはまだ研究段階です。
※とりすぎにはご注意ください。