検索
閉じる
これって見間違い?目の異常が引き起こす大事件
その他 健康

これって見間違い?目の異常が引き起こす大事件

2016年10月5日(水)午後7時30分
2016年10月11日(火)午前0時10分
NHKオンデマンドでご覧いただけます 番組内容を印刷する

最近「ものが見づらくなった」と感じることありませんか?それ、視力低下や老眼ではなく「色覚異常」が原因かも。

今回発見したのは、加齢とともに色も見えにくくなるという事実。なんと後天的な色覚異常の人が約3000万人もいるそうなんです。そのため、靴下の色を間違えたり、化粧が濃くなったり・・・。時にはコンロの炎を見間違えて危険な目に遭う人もいるんです。

ポイントは「青い色」。それをしっかり自覚して、照明で上手に対策しましょう!

 

今回のお役立ち情報
01

色は誰でも見分けづらくなる

実は、私たちは「色」をいい加減に見ています。同じ色のはずなのに、全く別の色に見えたり、人によって違う色に見えたり。これは、脳がさまざまな条件や自分の経験などから、実際の色とは別の色を勝手に“想像”してしまうから。ところが、まったく別の理由で、色を見間違えたり、見落としたりすることがあるんです。しかも誰でも。
その理由とは、加齢による色覚の低下。人の色覚は20代前半がピーク。20代後半から、だんだんと細かい色を見分けることが難しくなってきます。原因は二つ。網膜の一番下の層にある、「錐体」という色を見分けるセンサーのような役割をしている細胞が劣化すること。そして、光を取り込む「水晶体」が黄色く濁ってくることです。特に、見分けづらくなるのは、青や紺系の色。高齢者に多い「着衣着火」も、この色覚の低下が関係していると考えらえています。炎の青と背景の色が見分けにくくなり、実際の炎の大きさより、小さく見えているからです。
問題は、ほとんどの人が無自覚で、自分は見えていると思っていること。若い時より、色の見分けは難しくなっていることを自覚したり、周囲の人が注意してあげたりすることが大事です。

02

加齢による色覚異常でおきる“見間違い”の例

  1. 紺や黒の服や靴下の色をひんぱんに間違える
    *明るい場所では、「白と黄色」の見分けも難しくなります。
  2. 5円玉と50円玉を間違える
  3. 化粧が濃くなる
  4. 炎の大きさが実際より小さく見える →着衣着火
  5. 階段を下りているとき、最後の段に気づかず、転倒してしまう

03

加齢による色覚異常かどうかを知るには?

「標準色覚検査表(SPP)」(第2部、あるいは第3部)で知ることができます。
*検査は眼科医とご相談ください
より簡単に分かる方法としては、次の二つがあります。

  1. 紺や黒の靴下・服をよく間違える
  2. 雨粒が見えにくくなる

04

これでくっきり!家での工夫

人の目は、入ってくる光が少ないと、色を見分けづらくなります。暗い階段やクローゼットの照明を明るいものに変えることで、色覚の低下は補うことができます。特に、青の成分が多い「昼光色」と呼ばれる照明を使うと、服や靴下などはより見分けやすくなります。ただし、明るい照明は、夜に浴び過ぎると体内リズムを崩す原因にも。また、白や黄色の服などは、明るい照明では、かえって見えにくくなります。最近は、壁のスイッチ一つで、明るさや色味を切り替えることができる照明も市販されていますので、そういったものを使うのもオススメです。
コンロの炎は、照明で見やすくすることはなかなかできません。自分が思っている以上に、炎が出ているかもしれないと自覚して、注意することが大切です。