検索
閉じる
まさか!ダイエットが引き起こす肝臓の悲劇
健康

まさか!ダイエットが引き起こす肝臓の悲劇

2016年10月12日(水)午後7時30分
2016年10月18日(火)午前0時10分
NHKオンデマンドでご覧いただけます 番組内容を印刷する

急激なダイエットを繰り返すと、肝臓に脂肪がたまってしまう「脂肪肝」になることがあるとわかってきました。今回、自称ダイエットの達人25人を調べたところ、なんと11人の肝臓が脂肪肝の状態になっていました。ダイエットしているのになぜそんなことが起きるんでしょうか、その秘密に迫ります!

今回のお役立ち情報
01

ダイエットで肝臓がパンパン=脂肪肝に?

肝臓は体のエネルギーを「脂肪」の形で蓄える臓器です。たくさん食べると血液中にエネルギー源が増えすぎるので、その余ったエネルギーを肝臓が回収して脂肪として蓄えます。これが長期間続くと「脂肪肝」になっていきます。

一方、極端に食事を減らすような急激なダイエットをすると、飢餓状態だと感じて全身の脂肪細胞や筋肉がエネルギー源を放出します。すると、筋肉が減少して代謝が落ち、体が消費するエネルギー量が落ちます。その結果、ダイエットをしているつもりでも、肝臓に脂肪が溜まりやすい状況になってしまうのです。

さらにダイエットの後で食べ過ぎてしまうと、脂肪が溜まりやすい状態に更に食事の栄養が入ってくるので脂肪肝が進行すると考えられています。

02

肝臓に優しいダイエット法とは?

肝臓に優しいダイエットの目安は「半年で10kg減」程度のゆるやかなダイエットです。

女性や通常の体格の方ならひと月で2kg減くらいまで、大柄な方でもひと月で3kg減くらいまでにとどめましょう。すでに大幅な減量をしてしまったという人は、今の体重をキープするのが大切です。運動などを併用し筋肉を増やすようにすると効果的です。

03

コワーイ脂肪肝、どうやって見つける?

脂肪肝は昔は太った人や、お酒を飲む人がなると考えられていましたが、今は普通の体型の人でもなる事が分かってきました。放っておくと肝硬変やがんのリスクが上昇します。

また、肝臓は血糖を一定に保つ働きも持っています。脂肪肝になるとこの機能が衰え、糖尿病になりやすくなってしまいます。

脂肪肝は自覚症状が無いため、なかなか見つけにくい疾患です。病院で超音波診断を受ける事で発見出来ます。また、血液検査で肝臓の数値「ALT」が40を越えていたら要注意です。

04

短期間でOK!脂肪肝撃退法とは?

では、脂肪肝を治すにはどうすればいいのでしょうか。まずはゆっくりと体重を減らしてください。

半年から1年をかけて体重の7~10%を落とすと脂肪肝が改善と考えられています。※体重60kgの人なら4~6kgくらいの減量

ではその方法は!

1、運動

1日30分程度のウォーキングが有効です。(ある程度まとまった時間行う事がよいと考えられています) 早歩きも取り入れると更に効果がアップします。

2、 食事

食事は少し減らすのを心がけましょう。 極端に量を減らしたり、一つの食品だけを食べ続けるのは体に負担がかかります。

3、睡眠

今回おすすめしたいのは、最低でも6時間しっかりと睡眠をとる事。しっかり寝ると体が脂肪を燃焼するモードに切り替わります。
寝る前に食事をするのは要注意!脂肪がへりにくくなります!