検索
閉じる
ウイルス&細菌を撃退!「口内フローラ」新健康術SP
健康

ウイルス&細菌を撃退!「口内フローラ」新健康術SP

2016年11月30日(水)午後7時30分
2016年12月6日(火)午前0時10分
NHKオンデマンドでご覧いただけます 番組内容を印刷する

「フローラ」というと、まず「腸内フローラ」を連想する人が多いと思いますが、 お口の中の細菌「口内フローラ」も健康にはとても重要です。最近の研究から、 「善玉菌と悪玉菌のバランス」が大切だということが分かってきました!

今回のお役立ち情報
01

善玉と悪玉のバランスが大事!

口内フローラの割合は、善玉菌9割、悪玉菌1割ていどが理想的なバランスと言われています。
「でももし悪玉菌が増えても、虫歯や歯周病になるだけでは?」と思ったらとんでもない!最近の研究から分かってきたのは、悪玉菌、特に歯周病菌が口の中で増殖すると、 歯周病菌が血管に入り込んで全身で恐ろしい病気を引き起こす可能性があることです。心筋梗塞・脳梗塞そして認知症、がん、関節リウマチなどなど・・・メカニズムは詳しくは分かっていませんが、これらの病気に大きく関与していることが分かってきたのです。
何よりも大切なことは、歯ぐきの血管から歯周病菌を体内に侵入させないこと!歯みがきの際に毎回出血するような方は注意が必要です。

02

ほんのひと手間が命を分ける!

対策としてやはり大切なことは、正しい歯磨きで、歯周病菌を減らすこと!
でも歯周病菌は空気が嫌いな性質のため、歯と歯ぐきの間や、歯と歯の間などに潜んでいて、通常の歯みがきでは、きちんと取り除くことができません。
そんな時に役立つのが、歯間ブラシや糸ようじです。 わずかな隙間にも入るので、歯周病菌を物理的にかき出すことができます。

毎日の歯みがきの後に行うのがベストですが、1週間に1回でも良いので しっかりと歯周病菌退治をすることをおすすめします。

03

口内フローラを改善!緑茶パワー

緑茶などに含まれるカテキンは、歯周病菌のような悪玉菌の繁殖を抑える働きを持っていると考えられています。そこで番組では、「最近口臭が気になる」「歯みがきで出血する」というお悩みをお持ちの方に、「緑茶うがい」をご紹介しました。
作り方はかんたんです。

まず粉末の緑茶を用意して下さい。この際に「粉砕緑茶」を選んだ方が、カテキンの成分を効率よく利用することができます。

  1. 100ミリリットルの水かぬるま湯に、ティースプーン山盛り一杯程度の粉末緑茶を加えてよくかき混ぜます。
  2. しっかりと「お口クチュクチュうがい」をして下さい。
    ※うがいをした後は口をすすがないでください! カテキンをなるべく口の中に留めておくためです。
    ※夜、歯をみがいた後、寝る前に行うと効果的です。