検索
閉じる
プリン体じゃなかった!尿酸値を下げる秘策SP
健康

プリン体じゃなかった!尿酸値を下げる秘策SP

2017年1月4日(水)午後7時30分
2017年1月10日(火)午前0時10分
NHKオンデマンドでご覧いただけます 番組内容を印刷する

お正月、豪華に食べちゃった皆さんに朗報! 尿酸値をスッと下げてくれるかもしれない方法を見つけました。その方法とは・・・「乳製品」です!!

尿酸が高めの人はいま、1000万人以上。いつ痛風を起こしてもおかしくない状況に。若い人にも意外と多いんです。
でも!水をたっぷり飲んだり、おいしいものを我慢したり、涙ぐましい努力をしてもなかなか下がらないのが尿酸値。

実は食べ物からの影響ってたった2割しかなかったんです。大事なのは残りの8割。 それを解決してくれる可能性があるのが「牛乳」などの乳製品です。1日1杯の牛乳が「尿酸の排せつ」を促してくれるという研究もありました。

今回のお役立ち情報
01

高尿酸になってしまう本当の原因

尿酸値が高くなってしまう理由として知られているのが「プリン体」。あんきもやしらこ、レバーなどに多く含まれ、食事でとると体の中で尿酸を作り出してしまいます。
でも実は、食べ物は尿酸を作り出す原因の2割しかありません。
プリン体は細胞の中にある核を構成する部品なので、残りの8割は、新陳代謝で生成され、肝臓で尿酸に作り変えられます。
作り出されてもきちんと排せつすればいいのですが、高尿酸の人の9割は、尿酸の排せつが悪いのです。排せつを悪くする主な原因は「肥満」と「体質」です。

02

尿酸値を下げる方法「肥満解消」

肥満になると体内で血糖を処理する「インスリン」が余りがちになります。インスリンは尿酸の排せつを邪魔する方向に働くので高尿酸になりやすくなってしまいます。
体重を落とすことで、インスリンが余りがちな状況を解消できますので、太っている人はまず痩せることが一番効果が期待できます。

03

尿酸の排せつを促して尿酸値を下げる「乳製品」

肥満以外で尿酸値を上げてしまう原因は「体質」です。しかし「体質を変えられないから」と言って諦める必要はありません。体質は変わらなくても「尿酸の排せつ」を増やして高尿酸を防ぐことはできます。牛乳はその効果が確かめられている食品です。飲む量は1日コップ1杯で十分で、できれば低脂肪の方がより高い効果が期待できます。牛乳以外にヨーグルトなどの乳製品も「尿酸の排せつ」を促してくれます。
残念ながら豆乳には尿酸値を下げる効果は期待できません。

04

専門家がすすめる乳製品以外で尿酸値を下げるコツ

  • お酒類はアルコールそのものが尿酸を作ってしまうため、ビールに限らずお酒類全般を控えましょう。
  • 甘いスイーツも尿酸を作ってしまいますので、食べ過ぎは要注意です。
  • 野菜の多くは尿酸を排せつしやすくしてくれるので積極的にとりましょう。
  • 水を多めに飲むことは尿酸値を大きく下げるわけではありませんが、尿酸値の上昇や結石の予防になります。