検索
閉じる
巨大血栓を作らない!脳梗塞・寝たきり予防SP
健康

巨大血栓を作らない!脳梗塞・寝たきり予防SP

2018年3月7日(水)午後7時30分
2018年3月10日(土)午前0時10分
NHKオンデマンドでご覧いただけます 番組内容を印刷する

脳の血管が詰まり、まひや言語障害を引き起こす恐ろしい病気「脳梗塞」。実は最近、寝たきりや死につながる重症化しやすいタイプの脳梗塞の割合が、徐々に増えていることがわかってきました。原因はなんと「心臓の震え」。心臓の中に直径数センチもの巨大血栓を作りだし、脳の太い血管を詰まらせて、深刻なダメージを与えるのです。しかもその心臓の震えは、自覚症状が少なく、病院で検査を受けても見つからないケースが多いと言います。

そこで今回は、心臓の震えをいち早く、自分で発見する方法を大公開。1日2回の「新習慣」で、心臓の状態をセルフチェックすればOK。もし異常が見つかっても、最新治療で脳梗塞を防ぐことが可能です。命を守る最新情報をお届けしました。

今回のお役立ち情報
01

重症化しやすいタイプの脳梗塞…原因は「心臓の震え」!

脳梗塞は、血液の成分が固まった「血栓」が、脳の血管に詰まることで発症します。血栓の大きさは通常、直径2~6ミリとされていますが、今回取り上げた“重症化しやすいタイプの脳梗塞”の場合は、大きさが段違い。大きいものでは3センチを超えることもあると言います。

ここまで大きな血栓ができる理由は、できる場所が血管の中ではなく「心臓」だから。心臓が1分間に最大600回も細かく震えることで、血液の流れが淀み、巨大な血栓が作られていたんです。この心臓の震えは「左心房」と言われる部分で発生するもので、「心房細動」と言います。いま日本では高齢化や生活習慣の乱れによって、心房細動の患者数が増加中。一刻も早く心臓の震えに気づくことが、重症化しやすい脳梗塞を防ぐ第一歩です。

02

気づきにくい心臓の震えを発見する方法

心房細動の発見法は、ずばり「脈を取る」こと。心房細動は、血液を送り出す心臓の動きを不規則にしたり、速くしたりします。それが脈のリズムに現れるため、自分の脈を取ることで気づくことができるんです。
脈を取るタイミングは「夜寝る前」「朝起きてすぐ」がおすすめ。心房細動は神出鬼没でいつ起こるかわかりませんが、これまでの調査から、副交感神経が優位になっているとき、つまりリラックスした状態のときに起きやすいことがわかっています(この傾向は特に60歳以下で強く現れます)。心房細動になりやすい「高血圧」「お酒をよく飲む」「肥満」に該当する人は、朝晩1日2回、脈をチェックしてみましょう。

03

始めよう!「脈を取る」新習慣

1.脈の正しい取り方
手首を曲げるとしわが寄るあたりに、薬指、中指、人さし指の3本を置きます。
指を立てて、少し強めに押さえると、脈を感じやすくなります。
脈拍はとても変動しやすいため、運動後やお風呂上がりは避けて、必ず安静時に測ってください。

2.心房細動を疑うべき脈

  • 不規則
  • 15秒間に25回以上(1分間に100回以上)
  • 15秒間に10回以下(1分間に40回以下)もしくは弱くて測れないとき

※心配のない不整脈である場合もあります。まず1週間測ってみて、異常な脈が複数回現れる場合は、病院(循環器内科)を受診することをおすすめします。

3.いつ測る?
心房細動はリラックスしたときに起きやすいため、朝起きたときや夜寝る前に、布団の中で測ってみてください。

4.使えるアイテム・血圧計
家庭用の血圧計には、脈拍数を測る機能が付いているものもあります。毎日測定する中で、いつもよりも脈拍数が極端に高いとき(1分間に100回以上)がたびたび現れるようなら、心房細動を疑ってください。また脈拍数がうまく測れず、エラーが表示される場合も、心房細動の疑いがありますので参考にしてください。
※血圧計は「血圧」を測るための機器で、心房細動などの不整脈を見つける機能は付いていません。脈拍の測定値はあくまで参考としてとらえてください。