検索
閉じる
せきが止まらない!歯が溶ける!犯人はまさかの“胃”?
健康

せきが止まらない!歯が溶ける!犯人はまさかの“胃”?

2018年6月13日(水)午後7時30分
2018年7月28日(土)午前0時25分
NHKオンデマンドでご覧いただけます 番組内容を印刷する

戦後、生活習慣の変化などで、平均身長が伸び、顔の形も変わったと言われる日本人の体。そんな中、最近の研究で日本人の「ある部位」の細胞が1.35倍に増えていることが判明しました!それは「胃酸を出す細胞」。その影響もあって胃酸が食道まで逆流する“逆流性食道炎”が激増!さらに、胃酸の逆流に気づかないまま放っておくと、知らないうちに歯が溶けたり、しつこいセキに悩まされることも!胃酸による胸やけへの対策も含めて、胃酸に賢く対処するための知恵を大特集します!

 

今回のお役立ち情報
01

胃酸の逆流が引き起こすさまざまな症状

胃酸の逆流によって「逆流性食道炎」などさまざまな影響が出ることがあります。胃から分泌される消化液「胃液」には強い酸である「胃酸」が含まれています。胃自体は胃酸の影響を受けないように粘膜で守られていますが、ひとたび胃酸が食道など胃の外に出てしまうと、炎症などを起こすことがあるのです。代表的な症状は胸やけです。時に胃もたれや、胸の痛みが起きることもあります。

また逆流がひどい場合は、食道だけではなく、その先にある歯が溶けたり、せきが止まらないなど、のどに影響が出ることもあります。中耳炎など耳にまで影響が出るケースも確認されています。

胃酸の逆流の影響
胸やけ 胃もたれ 胸痛
せき のどの違和感
歯のトラブル 中耳炎

02

背景にあるのは「日本人の胃酸増加」

今、胃酸の逆流に悩む人が増えています。胃酸の逆流にはさまざまな原因がありますが、特に大きいのが「胃酸の増加」と考えられています。ある研究で、日本人の胃酸を作る細胞が40年で約1.35倍になっていました。戦後、食生活が変化し、肉食が多くなった影響だと考えられています。

また、ピロリ菌の感染者が減ったことも原因のひとつと考えられています。ピロリ菌は胃炎を起こし、胃酸の分泌を減らします。今の日本人はピロリ菌感染者が減ったため、胃酸の分泌量が多い人が増えているのです。

※ピロリ菌は胃がんや胃潰瘍の原因となるため、感染している人は除菌をすることが勧められています。

03

胃酸が逆流しやすいのはどんな人?

胃酸の逆流を起こしやすいのはおもに以下のようなことが思い当たる人です。 ひとつでも当てはまる人は食生活の改善などを心がけてください。

肥満
猫背(前かがみになりがち)
お酒をよく飲む
食べ過ぎてしまう
ストレスが多い
食べてすぐ横になる

また以下の症状がよく出る方は胃酸の逆流を疑ってみてください

〇胸やけ 胃もたれ
〇のどや口に酸っぱいものがこみ上げる
〇げっぷが多い

04

胃酸が逆流してしまったら・・・カラダを守る生活のコツ

逆流性食道炎の改善の第一歩として
番組では食生活の改善をお勧めしました。
ポイントは

  • 食べ過ぎない(腹八分目)
  • 夜寝る前2~3時間にはなるべく食事をしない。
    また、食後すぐに横にならない
  • お酒を飲み過ぎない

※高齢者の場合は、食が細くなってたんぱく質などが不足しがちです。
バランスの良い食事を十分とることを心がけてください。
※症状がひどい場合は病院の受診をおすすめします。

逆流が気になる人への枕のテクニック
逆流の症状がある場合は、少し枕を高くする事で胃酸が逆流しにくくすることも効果的です。
枕だけを高くすると首が曲がって寝苦しいので、たたんだ毛布などを敷いて、腰より上の部分が上がるようにするのがコツです。
大体10度くらいから始めるのがオススメです。毛布を3~4枚重ねになるように折りたたみ、その上に枕を置いた高さです。