検索
閉じる
マイナス3%の奇跡! ダイエットの超新常識
健康

マイナス3%の奇跡! ダイエットの超新常識

2018年8月29日(水)午後7時30分
2018年9月1日(土)午前0時25分
NHKオンデマンドでご覧いただけます 番組内容を印刷する

中年ともなれば誰でも気になるのが「ぽっこりおなか」。見た目の問題はもちろん、高血圧や高血糖、高コレステロールなど、健康にとってもいいことはありません。

とはいえ、ダイエットするのは大変だし何よりめんどくさい!でも大丈夫。実は今、最小限の努力で効果が期待できるダイエット法があります。それは、肥満問題の学会がガイドラインでも取り上げている、名付けて「3%ダイエット」!
標準体重を目指した急激なダイエットではなく、まずは「体重の3%を減量」を目標にすることで、血液の数値を改善、メタボ脱出を実現させようというものです。

そこで番組では、「100kcalカード」を使ったダイエット法を紹介しました。これを開発・実践したある企業では「成功率7割以上」という驚きのデータも出ています。詳しいやり方は、以下をご覧ください。

※肥満による糖尿病などを発症し、医師の指導を受けている方は、 必ずその指導方針に沿ったダイエットを進めてください。

今回のお役立ち情報
01

目標は「1日50gの減量」

標準体重を目指して急激にダイエットをすると、リバウンドを招きやすいだけでなく、肝臓などに大きな負担をかけてしまいます。そこでまずは「体重の3%減らす」(80kgの人で2.4kg)ことを目標にしてみましょう。その時のペースは「1日50gの減量」です。
50グラムと聞くと大変少ないように思えますが、例えばこれを2か月続ければ、3キロもの減量になります。あくまで無理をせず続けられるペースで、がダイエット成功の鉄則です。

02

脂肪50g=100kcalカード×3

体重50gは、およそ「300kcal」分に相当します(脂肪で換算した場合)。いつもの生活より300kcal分よけいに運動するか、食べる量を減らせばいいわけです。もちろん運動と食事を組み合わせてもOKです。
ここで活用していただきたいのが、『マイナス100キロカロリーカード』!100kcalに相当する食べ物の例が24枚、100kcalを消費するのに相当する運動の例が20枚あります。この中から毎日3つを選んで実行すれば、自然と1日の目標(300kcal)をクリアできる仕組みです。

カードは、下の画像からダウンロードできます
(メインページの左上のボタンからでもできます)
※番組でご紹介したアプリではありません

03

体重は毎日記録してやる気を持続!

成功のために重要なもう1つのことは『毎日体重計にのって記録する』ことです。“体重記録シート”を印刷し、体重計のそばに貼っておきましょう。その日の体重を記録して折れ線グラフになるようにします。
50g単位では計れない体重計をお使いの場合は、1週間続けておよそ300g(0.3kg)減っていればほぼ順調なペースということ。
もちろん、普通に生活していれば逆に体重が増えてしまうこともありますが、神経質になりすぎず長い目でグラフが右肩下がりになるように頑張りましょう!

体重記録シートは、下の画像からダウンロードできます
(メインページの左上のボタンからでもできます)