検索
閉じる
認知症から難病まで!? 神経にたまる“ゴミ”の脅威
健康

認知症から難病まで!? 神経にたまる“ゴミ”の脅威

2019年3月6日(水)午後7時30分
2019年3月9日(土)午前0時25分
NHKオンデマンドでご覧いただけます 番組内容を印刷する

神経にたまる謎のたんぱく質の塊。今回、番組を通してどうしても覚えてほしいのがこの塊の名前、「レビー小体」です。なぜなら、レビー小体が関わる恐ろしい病気が2つあるから。1つは「レビー小体型認知症」。アルツハイマー型認知症に次いで多いともされる認知症の一種です。しかし、患者の多さと比べると、実情があまり知られていないのが現状です。そのため、ほかの病気と間違われてしまうことも。しかも、飲む薬によっては寝たきりになるほど深刻な副作用に襲われてしまうこともあるんです。正しい早期診断と治療が肝心。さらに、もう1つが「パーキンソン病」。自分の意思に関係なく手足の震えに襲われ、やがては全身の筋肉が硬直し寝たきりに。しかし、さまざまな薬の登場や運動療法の研究が進み、症状を大幅に改善することが可能に。治療の最新情報をお届けしました!

今回のお役立ち情報
01

神経にたまる謎の物質!レビー小体とは

神経細胞の中にたまってしまうたんぱく質の塊、その名前をあえてもう一度強調してお伝えします。その名は「レビー小体」。
神経細胞にレビー小体がたくさんたまるような状態になると、周りの神経細胞にも障害が出て、本来の働きができなくなってしまうんです。レビー小体は全身の神経にたまる可能性があり、自律神経の失調によりさまざまな症状が出てくることも。例えば、頭痛や立ちくらみ、また、長引く便秘や排尿障害、嗅覚障害など。さらに、大脳にたまれば幻視などを引き起こす「レビー小体型認知症」に、運動機能をつかさどる脳幹という部分にたまれば「パーキンソン病」になってしまうと考えられています。老化に伴って神経細胞の中にたまるとされ、東京都健康長寿医療センターの調査では、平均82歳の段階で3人に1人の割合で見つかっているとの報告も。(※あくまでレビー小体が見つかったというだけで、3人に1人が発症していたというわけではありません)

02

知っていますか「レビー小体型認知症」

アルツハイマー型認知症に次いで多く、認知症患者の実に5人に1人とも。認知症という名前はついていますが、初期には記憶障害が少ない場合もあります。また自律神経の失調によるさまざまな症状も出るため、ほかの病気と間違われやすいので要注意。飲む薬によっては寝たきりになるほど深刻な副作用に襲われてしまうこともあるんです。正しい早期診断と治療が必須です。特徴的な症状としては「幻視」があります。その場には存在しない人や物が、患者本人にだけ見えてしまうというものです。目に映ったものが何かを意味づけする働きがある側頭葉にレビー小体がたまり、その機能に障害が出ることで起きると考えられています。ほかにも「レビー小体型認知症」に特徴的な症状をまとめたので、気づくためのチェックポイントにしてください。

  1. 実際にはそこに居ない、人や動物、虫などがはっきり見える「幻視」の症状
  2. 手足が無意識にふるえたり、身体の動きが遅くなるといった症状
  3. これまで当たり前のようにできていた「着替え」や「歯磨き」がができないときがある
    一日中ボーッしている日があるなど、日によって体調が激しく変わる。
  4. 隣の部屋まで聞こえるような大きな寝言や殴る蹴るといった激しい寝相がある。
    (「レム睡眠行動障害」と呼ばれる症状)

思い当たる方は認知症専門医にしている精神科神経内科、脳神経内科への受診をおすすめします。

03

“不治の病”は過去のもの!?「パーキンソン病」

パーキンソン病は俳優のマイケル・J・フォックスさんなど、多くの著名人もかかった病気として世界的に有名な病気となりました。この病気は、自分の意思に関係なく手足の震えに襲われたり、進行すると全身の筋肉が硬直してしまう病気です。かつては発症後10年で寝たきりになってしまう難病として恐れられてきました。
しかし、さまざまな薬の登場や運動療法の研究が進み、その併用によって症状を大幅に改善することが可能になってきています。
重要なのは、早期に発見し、適切な治療や運動を可能な限り早くはじめること!
パーキンソン病に気づくためのチェックポイントは以下の3つです。

  1. じっとしている時、無意識におこる手足のふるえ。
  2. 素早い動きができず、動きがゆっくりになってしまう
  3. 肩や膝などの筋肉がかたくなり、スムーズに動かしにくい。

思い当たる方は神経内科脳神経内科への受診をおすすめします。