検索
閉じる
夏の幸せ丸ごとお届け!極甘スイカ祭り

夏の幸せ丸ごとお届け!極甘スイカ祭り

2019年7月31日(水)午後7時30分
2019年8月21日(水)午後3時08分
NHKオンデマンドでご覧いただけます 番組内容を印刷する

お盆で家族が集まったとき、キャンプに出かけたとき…夏のイベントにあると嬉しいのが「スイカ」。でも、せっかく丸ごと買ったのに、切ってみると…中にひび割れがあったり、種の周りが粉っぽくて甘くなかったり…そんな残念な思いはしたくないもの。そこで、達人のスイカ選びワザを徹底研究。実は、いくら叩いて音を聞いても意味はなし!?秘密は地球の内部を探査する最新技術と、スイカ選びワザの“ある共通点”にあり!それさえわかれば、一瞬で達人ワザを会得することも可能。さらに、切り方ひとつでスイカを甘く切り分ける方法もご紹介。選んでから食べるまで、丸ごとのスイカを買うからこその楽しみ方が満載!

 

今回のお役立ち情報
01

身の詰まったスイカ 選ぶポイントは「振動」

身のぎっしり詰まったスイカを選びたい!そうしたとき、多くの人がスイカをたたき、音で判断しようとしがち。しかし、たたいて出る音の高低だけでは選ぶのは困難。そこで、誰でも簡単にできる方法が、スイカの中を伝わってくる振動の大小で見分ける方法。実はこれ、地中の内部構造を調べる方法と理論上は一緒。
スイカの場合のやり方は、たたく場所と反対側に、もう片方の手をぴったりと添えること。決して強くたたく必要はなく、指で小刻みに叩くだけでOK。中に空洞があると、たたいた振動はそこで大きく減衰。一方、身がぎっしり詰まっている場合は、振動がほぼそのまま伝わるので、反対側に添えた手で振動をより強く感じることができます。いくつかのスイカをたたき比べて、より振動を感じるものが身の詰まったスイカと予想できるんです。

02

みんなで甘いスイカを楽しめる切り方

スイカの身の中でも、特に甘いのが「身の中心」。そこで、丸ごとのスイカを切り分けるとき、どの切り身にもスイカの中心部分が行き渡るように出来れば、みんなが甘さを楽しむことができます。方法はスイカひと玉を1/2にカットしたら、それをさらに半分に切ります。太めのみかんの房のようになった1/4のスイカを、半円の面の真ん中で半分にカット。そのときに切った断面を手前に向け、その面の頂点から刃を入れ半分にするように切ってください。もし、さらに小さく切りたい場合は、向きは変えずにさらに面の頂点から刃を入れ、さらに半分にするように切ってください。こうすれば甘い部分が均等に行き渡ります。

【1/4をさらに半分に】
【1/8をさらに半分に】
【1/16をさらに半分に】