検索
閉じる
おでん~“煮こむ”より“冷ます”~(4~5人分)

おでん~“煮こむ”より“冷ます”~(4~5人分)

弱火でコトコトは大まちがい! 加熱中は、素材に含まれる空気や水分が膨張して、外へと押し出されるため、だし汁は素材の中にうまく入り込めません。じわじわ冷ますことで、よくしみ込むようになるのです。

[材料]

  • 昆布…約30センチ
  • 焼きちくわ…2本
  • かつお節…20~30グラム
  • はんぺん…大1枚
  • さつま揚げ…4枚
  • 大根…3分の2本
  • こんにゃく…1枚
  • ゆで卵…4個
  • つみれ…1パック
  • A
    • しょうゆ…大さじ3
    • みりん…大さじ2
    • 酒…大さじ3
    • 塩…小さじ3分の2

[作り方]

  1. 大きな鍋に水10カップを入れ、昆布を5~10分つける。昆布を取り出して火にかけ、煮立ったらかつお節を入れて弱火で1分煮だして火を止め、3分おいてこし、Aを加える。昆布は具にする。
  2. だし汁に、大根、ゆで卵、こんにゃくを入れて火にかける。
  3. [2]が煮立ったら、さつま揚げ、ちくわ、昆布を加え、ふたをせずに弱火で20分煮る。はんぺんは、食べる直前に温め直す際、加える。
  4. 鍋を新聞紙3枚とバスタオル2枚で包み、冷ます。味をしみ込ませるためのポイントは、ゆっくりじわじわ冷ますこと。
対決!ガッテンVSエコ 極ウマ!手抜き調理術

<この回の番組のテーマ>

対決!ガッテンVSエコ 極ウマ!手抜き調理術

2008年6月4日(水)

その日のレシピ

レシピ関連キーワード

ガッテン流

和食

定番