検索
閉じる
うどん ゆでるお湯は適量で!

うどん ゆでるお湯は適量で!

底が丸い中華鍋は、炎が無駄なく鍋底を加熱します。また中華鍋を形作る「鉄」は、熱を貯めやすいため、家庭用のコンロでも高温にすることができるのです。その分、調理時間を短くできるんです!
※中華鍋はパスタやうどんをゆでるのにもおすすめ!
中華鍋は底が丸い形状をしているため、底が平らな大鍋と比べても使う水の絶対量がおよそ半分になります。水の絶対量が半分になると、必要な塩の量も半分になります。さらに、湯を沸かすための時間も、燃料費もおよそ半分で済むという数多くのメリットがあります!

 

[作り方]

うどんの上手なゆでかた

  • むやみに箸でかきまぜない。軽い沸騰が続くようにすれば、うどんは浮き上がり、対流に乗って回るので、かきまぜなくても焦げつかない。
  • びっくり水(差し水)はしない。うどんに限らず、麺類を茹でる時は湯の温度を上げ下げしない方がいい。「びっくり水」はうどんをびっくりさせて引き締める、と解釈されているが、その効果はない。
対決!ガッテンVSエコ 極ウマ!手抜き調理術

<この回の番組のテーマ>

対決!ガッテンVSエコ 極ウマ!手抜き調理術

2008年6月4日(水)

その日のレシピ

レシピ関連キーワード

和食

ガッテン流

定番