検索
閉じる
イナダの湯引きあぶり刺し

イナダの湯引きあぶり刺し

番組内容を印刷する

[材料]

  • イナダの腹の部分 半身分
  • 塩 適量
  • わさび お好み

[作り方]

  1. イナダをバットに乗せ沸騰した湯を身が縮まなくなるまでかける。
  2. 食べやすい大きさに切る。
  3. 別のバットに移し、バーナーで皮が焦げるまであぶりできあがり。

※塩で食べるのがおすすめ。

※腹の部分の皮をひくのはなかなか難しい。湯引きをすると皮も食べやすくなる。
ただイナダは皮が厚いので、さらにバーナーで加熱することによって皮を食べやすくするとともに香ばしい香りをつける。
氷水につけたりするとせっかく溶けた脂を洗い流してしまう。そのまま温かい状態でいただくと脂が一気に口の中でとけて脂を楽しむことが出来る。
(冷たいのが好きな方はあぶってから冷蔵庫で冷やしてください)

※バーナーがない場合は串をうってガスの炎であぶってください。
(安全装置がついてあぶれない機種の場合は安全装置を一度解除してからあぶってください。)

※フライパンだとあまり皮目がパリッとしない。

レシピ関連キーワード

和食