検索
閉じる
氷水出し緑茶の作り方

氷水出し緑茶の作り方

番組内容を印刷する

[作り方]

  1. 煎茶10gを急須に入れ、氷水100mlを加える。
  2. およそ5分(銘柄などによって多少前後します)待って、茶こしを使って湯飲みに注ぐ。

※「深蒸し茶」を使うと、氷水でいれても苦くなるので避けてください。 煎茶であればどんな銘柄でも水出しでうまみが増しますが、高級な煎茶であればよりうまみや香りが増すためおすすめです。(安価なお茶は、深蒸し茶や、細かく砕けた茶葉が混ぜてあることがあり苦みが強くなります)
※飲んだ後の急須は、冷蔵庫に保管しておくと何度も氷水でいれることができます。
ただし急須のお茶は、必ず1煎ごとに全部注ぎきって下さい。
(※いたむことがあるので保存は1日以内)
※1煎目がもっとも香りが強いですが、味は4~5煎以上楽しむことができます
※味が薄くなってきたら、熱湯を加えると、お湯でいれた時とほぼ変わらない味の、渋めでカテキンたっぷりのお茶を飲むことができます

レシピ関連キーワード

和食