検索
閉じる
赤みそ(豆みそ)のコクを楽しむ徳島の知恵 ゆずみそ

赤みそ(豆みそ)のコクを楽しむ徳島の知恵 ゆずみそ

番組内容を印刷する

400年ほど前、東海地方から、現在の徳島県阿波市周辺に赤みそ(豆みそ)造りが伝わったと言われています。
この地域で作られる赤みそ(豆みそ)は「ねさしみそ」と呼ばれ、様々な郷土料理に使われています。

地元ではふろふき大根や豆腐、焼き魚などの付け合わせとして親しまれています。
密閉容器に入れて冷蔵すれば2週間程度保存可能です。

[材料]

A

  • 赤みそ(豆みそ) 500g
  • 砂糖 200g
  • 酒 80ml
  • みりん 40ml 

 

  • ゆずの皮 2個分
  • ゆずの果汁 適量

[作り方]

  1. 鍋にAを入れ、焦げつかないように木べらなどでかき混ぜながらとろみがつくまで弱火で煮る
    ※あまり煮込みすぎると固くなります
  2. 1に刻んだゆずの皮を入れる
  3. 味をみながらゆずの果汁を適量加え、味が決まったら火を止める

レシピ関連キーワード

基本