2016年04月20日 (水)

支援に活用を ツイッター情報を分析し地図上に

K10010490921_1604210745_1604210746_01_03.jpg

今回の地震で避難している人たちへの支援に役立ててもらおうと、国立研究開発法人の「情報通信研究機構」は、熊本県や大分県で投稿されたツイッターの情報を分析し、どこで何が不足しているかを画面の地図上に表示する新たなウェブサイトを開設し、支援に当たるボランティアや行政機関に活用を呼びかけています。

避難している人たちへの支援に役立ててもらおうという新たなウェブサイトを開設したのは、国立研究開発法人の情報通信研究機構です。
ホームページから今回の地震関連の専用ページに進み、「熊本県で何が不足していますか」という質問文を選択すると、熊本県周辺でつぶやきのあったツイッター情報の中から関連する投稿を見つけ出して画面に表示します。投稿は「水」や「布団」「ミルク」など情報の内容ごとに分類して表示され、投稿の中に書かれている場所が地図上に表示されるほか、投稿の全文を読むことができるようになっています。
避難所ごとに不足する物資に違いがあるなか、このウェブサイトでは、どの避難所で何が不足しているのか、具体的なヒントが得られることから、情報通信研究機構では、避難している人たちの支援に当たるボランティアや行政機関に活用を呼びかけています。
ただ、ツイッターの投稿には、うその情報や誤った情報が含まれる可能性があり、このシステムでは、人工知能による解析で情報に矛盾点や疑問点があれば、注意を促す表示を行うことにしています。
それでもすべてが正しい情報とは限らないため、情報通信研究機構は「このウェブサイトは、あくまで情報収集のきっかけとして活用してもらい、実際に支援に当たる場合は先方とよく連絡を取り合って進めてほしい」と話しています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:22:29  | カテゴリ:くらし
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲