2016年04月28日 (木)

熊本地震 「消費者トラブル110番」開設

K10010502041_1604281318_1604281321_01_02.jpg

熊本地震の被災地で、応急的な住宅の補修に高額な費用を請求されるなど消費者トラブルが相次いでいることを受けて、国民生活センターは28日から被災地の人たちを対象にした通話料が無料の特別な相談電話を開設しています。

熊本地震の被災地の人たちを対象にした特別な相談電話「熊本地震消費者トラブル110番」は、28日午前10時に東京・港区の国民生活センターに開設され、6人の相談員が応対しています。開始とともに次々に電話が入り、業者から示された屋根の修理費用が適切かどうかなどの相談が寄せられていました。

国民生活センターによりますと、熊本地震に関連して「屋根にシートをかける応急的な補修で100万円を請求された」など、各地の消費生活センターに寄せられた消費者トラブルの相談は120件に上っています。
今回の特別な相談電話は、こうした状況を受け今後もトラブルが増えるおそれがあるとして開設されたもので、電話番号は、0120-7934-48です。
九州の7県からかけることができ、通話料は無料です。土曜日、日曜日、祝日も含めて、当面、毎日午前10時から午後4時まで相談を受け付けるということです。
国民生活センターの岩崎直子さんは「これまでに経験したことがない大きな災害に直面し、住宅の修理などで疑問や不安を感じることがあると思います。そうしたときは遠慮なく相談してほしいです」と話しています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:12:49  | カテゴリ:くらし
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲