2016年04月28日 (木)

被災地トラブルを防ごう④「震災関連装う悪質メール」

大きな災害では、思わぬ消費者トラブルが多く発生します。
東日本大震災では震災に関連した内容を装いながら全く関係がない悪質なメールが相次ぎ、今回の熊本地震でも注意が必要です。

【無関係なサイトに誘導】
国民生活センターによりますと、東日本大震災では震災に関連したタイトルを装いながら震災とは全く関係がないメールが届いたという相談が、被災地や全国各地の消費生活センターに相次ぎました。
ひとつは、震災とは無関係な、料金が必要なウェブサイトなどに誘導するタイプのメールです。
例えば、地震の揺れを感じたあと、「地震速報」というタイトルのメールが届き、メールの本文に書かれていたアドレスに接続してしまったところ、出会い系サイトにつながり、利用料金として1万円の支払いを求める画面が出てきたということです。また、「被災地支援のため」というタイトルのメールが届き、開いてしまったところ、競馬情報のサイトに誘導されたということです。

目的がよくわからないものの、震災を口実にして何らかのメッセージを返信させようとするタイプのメールもありました。
例えば、心当たりのないアドレスから「被災地に寄付してくれた人に、お礼のメールを送ってほしい」と返信を促す内容のメールが届いたということです。
国民生活センターでは、仮にこうしたメールに返信した場合、金銭を求められるなど何らかのトラブルに巻き込まれるおそれもあるとしています。

【被害にあわないために】
国民生活センターは、震災に関連したタイトルのメールが届いても、発信者に心当たりがない場合は、メールを開かないようにし、メールを開いてしまった場合も、その中に書かれているアドレスには決して接続しないよう呼びかけています。
また、不審なメールが届いて不安な場合などは、各地の消費生活センターにつながる「消費者ホットライン」、局番なしの「188番」に相談するよう呼びかけています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:20:16  | カテゴリ:くらし
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲