2016年08月29日 (月)

台風10号 あす東北に上陸か 記録的大雨のおそれ

K10010658191_1608291857_1608291858_01_02.jpg

強い台風10号は伊豆諸島の八丈島の東の海上を北東へ進んでいて、30日、東北地方に接近し上陸するおそれがあります。30日は北日本を中心に猛烈な風が吹き、特に東北では記録的な大雨となるおそれがあり、気象庁は、暴風や高波、土砂災害などに警戒するよう呼びかけています。

気象庁の観測によりますと、強い台風10号は午後6時には伊豆諸島の八丈島の東南東およそ340キロの海上を1時間に25キロの速さで北東へ進んでいます。中心の気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径110キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。
台風は、29日夜にかけて伊豆諸島の東の海上を北上し、30日には速度を上げながら進路を北西に変えて、暴風域を伴って強い勢力を保ったまま北日本や関東に接近し、東北地方に上陸するおそれがあります。
台風の接近に伴って、30日は北日本や東日本で風が強く、波の高い状態が続き、北日本では太平洋側の海上を中心に猛烈な風が吹き、広い範囲で暴風が吹く見込みです。
30日にかけての最大風速は、東北で35メートル、北海道で30メートル、関東で23メートル、北陸で20メートルで、最大瞬間風速は30メートルから50メートルに達すると予想されています。
30日にかけての波の高さは、東北で10メートルの猛烈なしけになるほか、北海道と関東で8メートル、東海で6メートルと予想されています。
台風の接近が予想される東北の太平洋側は1年で最も潮位が高い大潮の時期に当たり、30日の夜を中心に高潮のおそれがあります。また、台風の接近前から雨が強まり、北日本と東日本では30日未明以降、雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り局地的には猛烈な雨が降るおそれがあります。30日の夕方までに降る雨の量はいずれも多いところで、東北で350ミリ、関東甲信で200ミリ、北海道と北陸で150ミリと予想されています。その後、30日の夕方から31日の昼にかけては、東北と北海道で100ミリから200ミリの雨量が予想され、特に東北では平年の8月1か月分の雨量を超える記録的な大雨となるおそれがあります。
気象庁は、暴風や高波、土砂災害、川の増水、低い土地の浸水、高潮に警戒するほか、落雷や竜巻などの突風にも十分注意するよう呼びかけています。また、雨や風が強まる前の29日のうちに、避難場所をあらかじめ確認するなど安全を確保しておくとともに、30日は屋外での作業や不要な外出を控えるよう呼びかけています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:19:04  | カテゴリ:くらし
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲