2016年10月04日 (火)

台風18号で特別警報 沖縄本島地方は最大級の警戒を

K10010716271_1610040002_1610040003_01_02.jpg

猛烈な台風18号は沖縄県の久米島や慶良間・粟国諸島を暴風域に巻き込みながら北上しています。気象庁は沖縄本島地方では猛烈な風と雨で甚大な災害が発生するおそれがあるとして暴風、波浪、大雨、それに高潮の特別警報を発表し、最大級の警戒を呼びかけています。

気象庁の発表によりますと、猛烈な台風18号は午前0時には、沖縄県の久米島の南南西40キロの海上を1時間に15キロの速さで北北西へ進んでいるとみられます。
中心の気圧は905ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は60メートル、最大瞬間風速は85メートルで、中心から半径90キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

沖縄県の久米島や慶良間・粟国諸島は台風の暴風域に入った状態が続いていて、最大瞬間風速は午後10時40分に渡嘉敷島で43.7メートル、午後10時10分ごろに久米島で34.7メートルを観測しました。
台風の接近に伴って久米島を中心にこれから猛烈な風が吹き、猛烈な雨が降る見込みで、気象庁はこれまでに経験のないような甚大な災害が発生するおそれがあるとして、3日夜、沖縄本島地方に暴風、波浪、大雨、それに高潮の特別警報を発表しました。
進路にあたる久米島を中心に、4日の明け方にかけて最大風速は60メートル、最大瞬間風速は85メートルに達すると予想されています。

また、海上ではうねりを伴って波の高さが11メートルの猛烈なしけが続く見込みです。

雨も強まり、4日の未明にかけては局地的に1時間に80ミリの猛烈な雨が降るおそれがあり、4日の夕方までに降る雨の量は、沖縄本島地方の多いところで200ミリと予想されています。

さらに沿岸ではこのあと数時間は、潮位がかなり上昇する見込みで、高潮による浸水の危険性も非常に高くなります。

気象庁は、暴風、高波、大雨、高潮に最大級の警戒をするよう呼びかけるとともに、避難指示や避難勧告といった自治体の情報に従って行動するなど、ただちに安全を確保するよう呼びかけています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:00:00  | カテゴリ:くらし
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲