2016年11月24日 (木)

都がインフルエンザの流行始まったと発表

K10010782751_1611241556_1611241600_01_02.jpg

インフルエンザの患者が都内で増えていることから、東京都は24日、インフルエンザの流行が始まったと発表しました。記録が残っている平成11年以降では最も早いということで、都はこまめな手洗いやうがいをするよう呼びかけています。

東京都によりますと、今月20日までの1週間に都内の419の医療機関から報告されたインフルエンザの患者数は652人で、前の週より262人増えました。

これにより、1つの医療機関当たりの患者数は1.57人となり、流行開始の目安となる1を超えたとして、東京都は24日、都内でインフルエンザの流行が始まったと発表しました。

インフルエンザは例年12月から3月にかけて流行しますが、東京都などによりますと、記録が残っている平成11年以降では平成19年と並んで最も早い流行開始だということです。

都内では今月20日までに学校や福祉施設などで合わせて85件のインフルエンザと見られる集団感染が発生し、54の幼稚園や学校で学級閉鎖などが行われたということです。都は、こまめな手洗いやうがいのほか、予防接種を受けるなどの対策を取るよう呼びかけています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:15:28  | カテゴリ:くらし
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲