科学のニュース

2016年05月27日 (金)

もんじゅ 文科省検討会が報告書「国は在り方検討を」

安全管理上の問題が相次ぎ、新たな運営主体を示すよう求められている福井県にある高速増殖炉「もんじゅ」について、文部科学省の検討会は、外部の専門家が入る経営協議体を設置することなどを盛り込んだ報告書を取りまとめました。一方で、報告書では、今回の検討会が、もんじゅの政策的な位置づけについて議論したものではないとし、会合の最後に、複数の委員が、もんじゅの在り方そのものを改めて国が検討すべきだと意見を述べました。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:19:07 | カテゴリ:科学のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


2016年05月27日 (金)

宇宙ホテルの試験機 空気注入しても膨らまず

K10010536751_1605271100_1605271104_01_02.jpg

一般の人でも宇宙に滞在できるいわゆる、宇宙ホテルの試験機に空気を注入して膨らませ、居住空間を広くする作業が行われましたが、試験機は計画どおりに膨らまず、NASA=アメリカ航空宇宙局は作業を中止して、原因を調べています。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:08:12 | カテゴリ:科学のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


2016年05月27日 (金)

脳を刺激しマウスの記憶力高めることに成功

K10010536731_1605270442_1605270448_01_03.jpg

睡眠不足は記憶の定着を妨げることが知られていますが、脳の特定の場所を刺激することで、睡眠不足のマウスの記憶力を高めることに成功したと理化学研究所などのグループが発表しました。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:04:56 | カテゴリ:科学のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


2016年05月26日 (木)

高速実験炉「常陽」 再稼働は出力抑えて運転の考え

K10010536341_1605261945_1605262133_01_02.jpg

茨城県にある高速実験炉「常陽」について、日本原子力研究開発機構は、最大の出力で運転した場合、防災対策の範囲を大幅に見直す必要が生じるため、再稼働する際には出力を抑えて運転する考えを原子力規制委員会の会合で示しました。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:21:33 | カテゴリ:科学のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


2016年05月26日 (木)

8K超薄型ディスプレーなど NHK技研の一般公開

K10010535731_1605261511_1605261513_01_03.jpg

ことし8月から試験放送が始まる、8K・スーパーハイビジョンを家庭でも楽しめるように開発が進められている超薄型の大型ディスプレーなど、放送に関する最先端の技術を紹介するNHK放送技術研究所の一般公開が26日から始まりました。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:18:56 | カテゴリ:科学のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


2016年05月26日 (木)

日本学術会議 「軍事目的の研究せず」見直すか議論へ

K10010536101_1605261807_1605261809_01_03.jpg

科学者でつくる団体、「日本学術会議」は戦後維持してきた、『軍事目的の研究は行わない』とする立場を見直すかどうか、検討委員会を設置して議論することを26日、正式に発表しました。記者会見した大西隆会長は「軍事と民間の技術の線引きが難しくなるなか、さまざまな意見があり、議論を深めたい」と述べました。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:18:54 | カテゴリ:科学のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


2016年05月26日 (木)

がん標準治療 9つのうち3つで低い割合に

K10010535291_1605260541_1605260548_01_03.jpg

全国のがん患者31万人を対象に、科学的に効果があるとされる9つの標準治療についてどのくらい実施されているか調べたところ、再発のおそれが高い特定の乳がん患者への放射線治療など3つの治療については、実施されたり実施が適切に考慮されたりしたのは患者の6割から8割にとどまるとする報告を国立がん研究センターがまとめました。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:18:52 | カテゴリ:科学のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


2016年05月26日 (木)

エイズ患者と感染者 2年連続減少も依然高水準に

K10010535301_1605260545_1605260549_01_03.jpg

去年、国内で新たに報告されたエイズの患者とエイズウイルスの感染者は合わせて1434人で、2年連続で減少しているものの依然として高い水準にあり、専門家は「感染の拡大を防ぐためにも一度は検査を受けてほしい」と話しています。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:18:50 | カテゴリ:科学のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


2016年05月26日 (木)

文科省装うウイルスメール 慶応大職員に届く

K10010536141_1605261814_1605261819_01_03.jpg

文部科学省から発信されたように装ったウイルスが仕掛けられたメールが慶応大学の複数の職員に届き、文部科学省は同じようなメールがほかにも発信されるおそれがあるとして、全国の大学や研究機関に注意を呼びかけています。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:17:37 | カテゴリ:科学のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


2016年05月25日 (水)

「もんじゅ」の運営主体の議論 「勧告に沿っていない」

K10010534741_1605251751_1605251752_01_02.jpg

安全管理上の問題が相次いだ福井県にある高速増殖炉「もんじゅ」の新たな運営主体を示すよう勧告した原子力規制委員会の田中委員長は、文部科学省の検討会での議論について、「勧告に沿った議論がされているようには見えない」などと述べ、安全を確保するためのより具体的な検討をして、運営主体を示す必要があるという認識を示しました。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:17:43 | カテゴリ:科学のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


ページの一番上へ▲