2016年04月05日 (火)

伊方原発3号機 使用前検査始まる

K10010468041_1604051213_1604051214_01_03.jpg

四国電力がことし7月の再稼働を計画している愛媛県の伊方原子力発電所3号機について原子力規制委員会は再稼働に必要な「使用前検査」を5日から始めました。

伊方原発3号機は、原発事故を踏まえて作られた新しい規制基準の審査に去年7月合格し、その後、愛媛県と地元の伊方町が再稼働に同意しています。
5日は、午前9時ごろ、原子力規制庁の検査官たちが伊方原発を訪れ再稼働に必要な手続きの最終段階となる「使用前検査」を始めました。
検査に先立って伊方原発の増田清造所長は、「安全を最優先に一つ一つの検査に全力で対応してまいります」と述べました。
使用前検査では、原発事故を教訓に、四国電力が整備した非常用の電源車や原子炉を冷やす水を注ぐためのポンプなど、およそ400点の設備の状況を確認します。
四国電力は、検査を受けながら、ことし6月下旬にプルトニウムを混ぜたMOX燃料を含む157体の核燃料を原子炉に入れことし7月下旬に原子炉を起動して再稼働させる計画を示しています。
新しい規制基準のもとで使用前検査が行われるのは、すでに再稼働した鹿児島県にある川内原発と福井県にある高浜原発に次いで3か所目で、高浜原発は4号機がトラブルで停止したのに続き、3号機も大津地方裁判所の運転停止を命じる仮処分の決定を受けて停止しています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:12:00  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲