2016年04月06日 (水)

千葉県がんセンター 患者の体内にガーゼ残すミスも

K10010468941_1604060749_1604060750_01_03.jpg

腹くう鏡を使った手術を受けた患者11人が死亡するなど問題が相次いでいる千葉県がんセンターで、去年12月、60代の女性患者に腎臓がんの手術を行った際、体内に医療用のガーゼを残すミスがあったことが分かりました。女性はことし2月、再び手術をしてガーゼを取り除き、命に別状はないということです。

千葉県によりますと、去年12月、千葉市中央区にある県がんセンターで腎臓がんの60代の女性患者に腎臓を摘出する手術を行った際、体内に医療用のガーゼを残すミスがあったということです。
手術後に女性が体調不良を訴えたため調べたところ、ガーゼが残っているのが分かったということで、病院はことし2月、ガーゼを取り除く手術を行ったということです。女性は残ったガーゼで腸が塞がれる状態だった可能性があるということですが、命に別状はないということです。
ミスを受けて病院側は内部で事故原因などの検証を進め、5日、患者や家族に検証結果を報告したということで、近く公表することにしています。
千葉県がんセンターでは腹くう鏡を使った手術を受けた患者11人が相次いで死亡し、再発防止に取り組むさなか、去年12月には検査結果の取り違えから誤って初期の乳がん患者の乳房を切除するミスも起きています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:06:24  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲