2016年04月13日 (水)

「第2の地球」発見なるか 高速探査機の開発計画

K10010477841_1604132207_1604132207_01_03.jpg

太陽系以外で生命の存在が期待される惑星を探すため、光の速さの5分の1の速度で進む小型探査機の開発計画を、イギリスの世界的な宇宙物理学者、ホーキング博士などが発表し、「第2の地球」の発見につながるのか注目されています。

この計画は、車いすの生活を送るイギリスの世界的な宇宙物理学者、スティーブン・ホーキング博士が12日、ロシア人の富豪ユーリー・ミリネル氏などとニューヨークで発表したもので、ミリネル氏が1億ドル(およそ110億円)を出資します。
計画では、数メートル四方の帆を広げた、たこのような形の小型探査機に、地球から強力なレーザービームを当てて加速させ、最速で光の速さの5分の1の速度で移動させます。
探査機は、地球から4光年余り離れ、太陽系から最も近いものの、現在の技術では到達に3万年かかると言われる恒星「ケンタウルス座アルファ星」を目指します。
探査機が開発されれば、打ち上げから僅か20年で到達できるほか、搭載したカメラや通信機器などを備えた小型チップを使って周辺の惑星の観測もできるということです。
打ち上げの実現までには数十年かかるとされていますが、ホーキング博士は「限界を超えることが、人間をユニークな存在にしている」と話していて、この計画で「第2の地球」の発見につながるのか注目されています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:21:41  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲