2016年05月02日 (月)

未知の新粒子を探せ 巨大装置で実験開始へ

K10010506341_1605020523_1605020525_01_03.jpg

1周が27キロある巨大な実験装置で、宇宙が誕生した直後の状態を再現し、人類にとって未知の新たな粒子を探そうという実験が、今月からスイスで、日本も参加して始まることになりました。これまでに人類が発見した物質は宇宙全体の4%にすぎず、残る96%は謎のままで、新たな粒子が発見されれば、その正体に迫れると注目されています。

実験が行われるのは、スイスのジュネーブ郊外にあるCERN=ヨーロッパ合同原子核研究機関で、1周27キロという東京の山手線と同じくらいの、加速器と呼ばれる巨大な実験装置を使って行われます。
この中では、物質のもとになる陽子を光に近い速さまで加速して正面衝突させ、宇宙誕生直後の状態を再現して、生み出されたさまざまな粒子の中から、人類にとって未知の新たな粒子を探します。
宇宙を構成する物質を巡っては、20世紀の物理学の「標準理論」では、物質のもととなる「素粒子」が17種類あると予言され、4年前に最後の1つ「ヒッグス粒子」が発見されて、そのすべてが確認されました。ところが、このようにして人類が発見した物質は、17種類すべてを合わせても宇宙全体の4%にすぎず、残る96%は謎のままになっています。
こうしたなか、CERNでは去年、実験装置の性能を高めて、より大きな力で衝突実験を行ったところ、これまでに知られていない新たな粒子が存在する可能性を示すデータが得られたということです。
このためCERNでは、今月から本格的に実験を開始し、日本からも東京大学などの研究者およそ100人が参加して、新たな粒子の発見を目指すことになりました。実験には少なくとも数か月かかる見込みで、発見されれば、宇宙の残る96%の謎に迫れると注目されています。
研究グループによりますと、新たな粒子が見つかった場合、その粒子は、まだ正体が分かっていない暗黒物質や、私たちが知っている4次元を超える5次元や6次元の存在を示すものになる可能性があるということで、世界の研究者がさまざまな仮説を立てて議論しています。

日本の研究者「国際競争 一番最初に見つけたい」

新たな粒子の発見に挑む日本の研究グループの代表を務める、東京大学の浅井祥仁教授は「新たな粒子が見つかれば、今後100年間の物理学の方向性を決めるくらいの大きな結果になると思う。新粒子の発見は国際競争で、世界から集まった3000人の研究者の中で日本人は100人くらいしかいないが、それでもみんなで一生懸命に努力し、ぜひ一番最初に見つけたい」と話しています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:05:01  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(1) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(1)

小学生の頃、一番小さい物質は原子だと習っていたのが、それ以上に小さい構成子があると知った時は、驚きでした。
ダークマター、超ヒモ理論、そして発見が未だ4%という素粒子…宇宙や自然科学を解明するには、まだまだ多くの謎が横臥しているんですね。
素粒子といえば、昨日のNHKスペシャルで、ピラミッドの内部をx線ならぬミューオンという宇宙からの素粒子で解像しようという画期的な試みがなされたことに、大変驚き、たくさんの学際のアイデアの模索の現実に頼もしさを覚えました。どうなるのでしょう。楽しみですね。(司会の武田キャスター殿が、元気なご様子だったことも、昨今の九州の困事を思い合わせていたので、少し安心いたしました。)
宇宙は謎がいっぱいです。宇宙気流のエーテルなど、廃案になった現象や物質も、もしかしたら他所の外宇宙などでひょっこり発見されそうな気もしてきました。
科学にとっては、進歩するほどに、解明への道が、より輝いて誘う宝箱のようだと思いました。

投稿日時:2016年05月02日 12:48 | 桜餅

コメントの投稿

ページの一番上へ▲