2016年05月05日 (木)

熊本地震3週間 地震1250回余 引き続き警戒を

K10010509431_1605050602_1605050606_01_02.jpg

先月14日に熊本県で震度7の揺れを観測する地震が起きてから、5日で3週間になります。一連の熊本地震では、5日も震度4の地震が3回起きるなど活発な地震活動が続いていて、気象庁は引き続き激しい揺れを伴う地震に警戒するよう呼びかけています。

一連の熊本地震では5日も活発な地震活動が続いていて、午後7時46分ごろ熊本県阿蘇地方を震源とするマグニチュード3.8の地震で熊本県南阿蘇村で震度4の揺れを観測するなど、5日は震度4の地震が3回起きました。
熊本県と大分県で震度1以上を観測した地震の回数は、先月15日から17日までの3日間、いずれも100回を超え、その後も、連日、数十回の頻度で地震が発生しています。
4日は震度4の揺れを3回観測するなど合わせて29回地震が起き、5日も午後11時までに39回と、先月14日以降の地震の回数は合わせて1255回に達しています。
震度別では、最大震度7が2回、震度6強が2回、震度6弱が3回、震度5強が4回、震度5弱が7回、震度4が86回などとなっています。
気象庁は、熊本県や大分県では今後も当分の間、最大で震度6弱程度の激しい揺れを伴う地震に警戒するよう呼びかけています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:23:50  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲