2016年05月09日 (月)

「もんじゅ」の廃炉求める提言 市民団体がまとめる

K10010514181_1605100056_1605100206_01_03.jpg

新たな運営主体を示すよう原子力規制委員会が勧告を出した福井県にある高速増殖炉「もんじゅ」について、原発に反対する市民団体が存続は経済的に見合わないなどとして、廃炉を求める提言をまとめました。

高速増殖炉「もんじゅ」を巡っては、保守管理上の問題が後を絶たず、原子力規制委員会が去年、文部科学大臣に対し、日本原子力研究開発機構に代わる新たな運営主体を示すことなどを求める勧告を行い、文部科学省が検討会を設けて議論を続けています。
これについて、原発に反対するNPO法人・原子力資料情報室が設立した市民団体は9日、東京で記者会見を開き、もんじゅの廃炉を求める提言を公表しました。
それによりますと、もんじゅは核燃料に多くのプルトニウムを含むなど、通常の原発より事故が起きた際の危険性が高い。政府がもんじゅに求めている放射性廃棄物の量を減らす研究は技術的に困難なうえに、より取り扱いの難しい別の放射性廃棄物を生み出すなど経済的に見合わないなどと指摘しています。
市民団体は提言を近く、文部科学大臣や規制委員会などに提出することにしています。
市民団体「『もんじゅ』に関する市民検討委員会」の伴英幸委員長は「文部科学省はもんじゅの本質的な問題を避けている。経済性がないことなどを問い直し、もんじゅの在り方を抜本的に見直してほしい」と話していました。

投稿者:かぶん |  投稿時間:21:25  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲