2016年05月10日 (火)

ツバメのひなが巣立つ数 将来減少が懸念される水準に

K10010514311_1605100441_1605100442_01_03.jpg

住宅の軒先などで巣作りをするツバメの成育状況を日本野鳥の会が調査したところ、都市部では住民が巣を撤去するなどして1回の繁殖で巣から巣立つひなの数が平均で4羽を下回り、将来、減少が懸念される水準になっていることが分かりました。

日本野鳥の会は去年までの3年間、全国で東南アジアなどから渡って来るツバメの成育状況を初めて調査しました。
調査は一般の人から巣の観察記録をインターネットで送ってもらうかたちで行われ、沖縄を除く全国796の市区町村から5115件の情報が集まりました。
このうち巣立ちまで観察できた、およそ2400件について1回の繁殖で巣立ったひなの数を調べたところ、農村部で平均4.29羽だったのに対し、都市部では平均3.89羽にとどまりました。平均が4羽を下回ると今後、繁殖に失敗したり日本に渡って来る数が減ったりして、将来、国内のツバメの減少が懸念される水準だとしています。
特に都市部では巣立ちができなかった462件のうち、カラスやネコなどに襲われたケースが25%となったほか、住民などが故意に巣を落として撤去したケースも11%に上っています。
日本野鳥の会は「ツバメは害虫を食べる益鳥として親しまれてきたが、フンが汚いなどの理由で巣を落とす人もいて、子育てが難しい環境になっている。許可なく巣を撤去することは法律でも禁じられていて、共存のしかたをもう一度考えて欲しい」と話しています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:04:10  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲