2016年05月12日 (木)

ジカ熱 胎盤通じ子どもに感染 マウス実験で初確認

K10010517691_1605120915_1605120916_01_02.jpg

中南米などで流行しているジカ熱について、ブラジルなどの研究グループが妊娠しているマウスをジカ熱に感染させたところ、子どもに小頭症のような脳の障害が起きることが確認され、ジカ熱が脳に影響を与える仕組みの解明につながると注目されています。

これは、ブラジルのサンパウロ大学などの研究グループが11日、イギリスの科学雑誌「ネイチャー」に発表したものです。
研究グループは、妊娠しているマウスにブラジルで採取したジカ熱のウイルスを注射して子どもへの影響を調べました。その結果、感染したマウスから産まれた子どもには脳の神経細胞が少なく、脳が小さい小頭症のような障害が起きることが確認されたということです。さらに、マウスの子どもの脳から、多くのウイルスが見つかったということです。
また、アメリカ・ミズーリ州にあるワシントン大学の研究グループも異なる系統のウイルスやマウスを使って実験を行い、同じように母子感染することを確認したとアメリカの科学雑誌「セル」に発表しました。
マウスを使った実験で、ジカ熱のウイルスが母体の胎盤を通じて子どもに感染することが確認されたのは今回が初めてで、ワクチンなどの開発や、ジカ熱のウイルスが脳に影響を与える仕組みの解明につながる成果として注目されています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:10:00  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(1) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(1)

出口の光が見つかったんですね!
よかったです。
一日もはやくワクチンが出来て、お母さん方を安心させてあげてほしいです。

投稿日時:2016年05月13日 00:00 | 雪うさぎ

コメントの投稿

ページの一番上へ▲