2016年05月31日 (火)

受動喫煙で死亡 年間1万5000人と推計

K10010541521_1605311751_1605311756_01_02.jpg

他人のたばこの煙を吸い込む「受動喫煙」によって肺がんや脳卒中などで死亡する人は、国内で年間およそ1万5000人に上るという推計を国立がん研究センターのグループがまとめました。

この推計は、31日の世界禁煙デーにあわせて厚生労働省が東京・千代田区で開いたシンポジウムで、国立がん研究センターのグループが報告しました。
それによりますと、研究グループではまず、国内外の論文を参考に肺がんや心筋梗塞、それに脳卒中で死亡した人で「受動喫煙」があったかどうかを2つのグループに分けて比較しました。
その結果、受動喫煙があった人のほうがこうした病気で死亡する危険性が1.28倍高まっていることから、これを国内の統計に当てはめ推計すると、受動喫煙が原因で死亡する人は年間およそ1万5000人に上るということです。
このうち、肺がんでは女性でおよそ1850人、男性でおよそ620人、心筋こうそくでは女性でおよそ2880人、男性でおよそ1570人、脳卒中では女性でおよそ5680人、男性でおよそ2320人が死亡していると推計されるということです。
研究をまとめた国立がん研究センターの片野田耕太がん登録統計室長は「法律で公共の場所を禁煙にするなど社会全体で受動喫煙防止について考えていかなければならない」と話しています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:17:56  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲