2016年06月06日 (月)

人工知能巡り研究倫理の指針案示される

K10010548301_1606062219_1606062220_01_02.jpg

人工知能の研究が急速に進むなか、人工知能が人類の脅威とならないよう、研究者が守るべき倫理について、学会として指針を立てることになり、潜在的な危険性について社会に警鐘を鳴らさなければならないことなどを盛り込んだ指針の案が、6日夜、開かれた学会で示されました。

人工知能を巡っては、みずから考え、判断し、行動する“自律性”があることから、開発の進め方や活用の方法を誤れば、人間社会にとって脅威になるのではないかと懸念されています。
こうしたなか、人工知能学会は、研究者が守るべき倫理について指針を立てることになり、学会の倫理委員会が6日夜、北九州市で開かれた大会で指針の案を示しました。
この中では、研究者に対し、人類の平和や安全に貢献することや、基本的人権を守り、文化の多様性を尊重すること、設計、開発、運用の段階で、人類の安全にとって脅威となるおそれがある要素を排除することを求めています。
また、研究者は、人工知能がもたらす結果について検証し、潜在的な危険性について社会に警鐘を鳴らさなければならないとしています。
学会では、この案を基に議論を進め、年内にも指針を定めることにしています。
学会の倫理委員会で委員長を務める東京大学の松尾豊特任准教授は、「多くの人たちが人工知能に対して抱いている不安を解消していくことが重要で、きょうの指針の案を、人工知能のあるべき姿を考える第一歩としたい」と話しています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:22:09  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲