2016年06月28日 (火)

知床沖 シャチに発信器取り付け生態調査

K10010575371_1606281908_1606282039_01_02.jpg

多くのシャチが生息する北海道の知床半島の沖合で、シャチの体に位置を特定するための発信器を取り付けて生息や行動の範囲をより詳しく把握する調査が28日から始まりました。

この調査は、北海道大学や東海大学など5つの大学で作る「北海道シャチ研究大学連合」が行いました。この団体は、4年前から知床半島の羅臼町の沖合でシャチの生態を調べていて、これまでに200頭以上が生息し、一部が釧路沖との間を行き来していることを確認しています。
今回、さらに詳しく生息や行動の範囲を調べるため、シャチの体に、衛星を利用して位置を特定する発信器を取り付けることになりました。28日は、大学の教授や学生などおよそ10人が船に乗って知床半島の羅臼漁港を出発し、7キロほど沖合でシャチの群れを見つけると、発信器を背びれに取り付けていました。

発信器を使うと、最長でおよそ3か月間シャチの行動を記録できるということです。北海道大学の三谷曜子准教授は、「羅臼は高い密度でシャチが集まる海域なので、ここにいるシャチがどこに行くのか知ることができれば生態を知るうえでとても有意義なデータになると思います」と話していました。

投稿者:かぶん |  投稿時間:20:56  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲