2016年07月07日 (木)

大西さん乗り組むソユーズ 打ち上げ成功

K10010586281_1607071056_1607071056_01_03.jpg

元旅客機のパイロットで日本人11人目の宇宙飛行士、大西卓哉さんが乗り組むロシアの宇宙船「ソユーズ」が、日本時間の7日午前10時36分、中央アジアのカザフスタンから打ち上げられ、およそ9分後、予定どおり地球を回る軌道に入り、打ち上げは成功しました。

日本人11人目の宇宙飛行士、大西卓哉さんが乗り組むロシアのソユーズ宇宙船は、日本時間の午前10時36分、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられ、燃焼を終えたロケットの1段目や2段目を切り離しながら上昇を続けました。
そして、およそ9分後の午前10時45分ごろ、高度200キロ付近で3段目を切り離し、予定どおり地球を回る軌道に入り、打ち上げは成功しました。
ソユーズ宇宙船は、今回から、機器の一部を新しくした「改良型」が使われているため、国際宇宙ステーションまでのフライト時間は、最も急ぐ場合の6時間ではなく、余裕を持った2日間に設定されています。
ソユーズは、日本時間で9日の午後1時すぎに国際宇宙ステーションに到着し、大西さんは、ことし10月下旬までのおよそ4か月間の長期滞在を始めます。
滞在中、大西さんは、がんなどの新しい治療薬の開発を目指す実験に臨むほか、日本では初めてとなる哺乳類での宇宙実験として、マウスの飼育実験を行い、老化現象の解明などに取り組むことになっています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:11:22  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲