2016年07月07日 (木)

運用断念の「ひとみ」試験観測で世界初の成果

人為的なミスで機体が壊れ、運用を断念した天体観測衛星「ひとみ」について、JAXA=宇宙航空研究開発機構が試験観測で得られていたデータを詳しく調べたところ、これまで観測が難しかったブラックホール周辺の高温のガスの動きを世界で初めて捉える成果を上げていたことが分かり、イギリスの科学雑誌のネイチャーにも掲載されることになりました。K10010586001_1607071009_1607071012_01_03.jpg

宇宙の謎に迫ろうと、およそ310億円をかけて開発された天体観測衛星「ひとみ」は、本格観測に入る前のことし3月、通信が途絶え、調査の結果、人為的なミスで機体がバラバラになったとみられることが分かり、JAXAは、ことし4月、運用を断念しました。ただ、「ひとみ」は打ち上げられたことし2月から3月にかけて試験観測を行っていて、JAXAは、そのデータの詳しい分析を進めてきました。

その結果、「ひとみ」は、これまで観測が難しかったブラックホール周辺にある5000万度という極めて高い温度のガスの動きを、エックス線による観測で世界で初めて捉えていたことが分かりました。この研究成果は、イギリスの科学雑誌のネイチャーにも掲載されるということです。

「ひとみ」の運用を担当したJAXAの久保田孝プログラムディレクタは「『ひとみ』の高い性能が実証されたことになるが、それだけに運用の断念は極めて残念で大変申し訳ない」と話しています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:11:24  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲